看護学校初の実習 《基礎看護実習Ⅰ》が無事終了

1年生の終わりに近づく寒い寒い12月。 

7日間の実習へ行ってきました。

私が行ったのは、急性期病院(循環器内科)でした。

関連記事

www.mamanurs.com

目次

実習が始まる1ヶ月前

実習グループメンバー発表

グループは別クラスも混ざるので、話したことない人もいました。

実技の練習

今まで学んだ実技の練習のため、毎日放課後は居残り練習。

バイタルサイン測定・ベットメーキング・車椅子移乗・・etc

目的は、今まで学んだ実技をグループで統一すること。

正しい実技であるか先生のテストを受けること。

しかし、すべての実技をテストする時間がありませんでした。

そうだよね!(めっちゃギリギリで時間あるわけね~わ!とブツブツ・・・)

バイタルサイン測定のみ一人ずつ先生の前で実施するテスト。

緊張しました~!

しーんとする中、看護師ドキドキ。

何故か患者役もドキドキ。

バイタルサイン測定は、基礎中の基礎!

だから、絶対に完璧にして実習に挑めとのことでした。

実習が始まる1週間前「課題」

病院のレポートと実習目標を担当教諭へ提出します。

病院レポートとは

病院の特徴や看護体制など、とりあえずこの病院を知るためにインターネットやパンフレットをもとに作成、調べまくる。

私、あなたの病院へ行くことを楽しみにしています♪だからこんなに知ってます♪をアピール

実習目標とは

私が行いたい看護ケア、実技練習を踏まえてできること、受け持ちたい患者の希望(希望通りいくかは不明)、やる気をアピールします。

f:id:ibelievexx:20161231214658j:plain

実習始まり

初めてということで病院見学・オリエンテーションから始まりました。

初日は、病院オリエンテーション。

2日目に、受け持ち患者紹介。

3日目以降から受け持ち患者の看護ケア開始。

実習の流れはだいたいこんな感じ

7時⇒身だしなみを整えてカンファレンス室集合、担当教諭へ看護計画を提出

8時⇒朝のミーティングに参加、全体へ自己紹介 

     受け持ち患者へ朝食を配善、施設の実習担当者へ看護計画を発表 

9時⇒看護ケア実施、受け持ち患者情報収集

13時⇒実習終了

       昼食

14時⇒学生カンファレンス 

16時⇒明日の確認事項、看護記録記入 

といった感じででした。

睡眠時間4~5時間の内訳

行動計画と看護記録は毎日提出

慣れない看護記録と看護計画に時間がかかる(汗)

そのうえ毎日朝7時には教員へ提出。

だから、書かないと寝れない。

寝過ごした日には・・・朝がこわい。

同じグループで睡眠時間2時間の子もいました人(*´・ω・)ノ

私は良いほうなんだな。

すべて手書き

毎日の記録から、事前学習、疾患レポート・・・。

あぁ~時間がいくらあっても足らん。

次の実習からは、パソコンOKらしいけど。

手書きは修正がきかないので、ゆっくり書くことになります。

だから手書きは嫌だ。時間がかかる。

基礎看護学実習だけど甘くない

患者を受け持って2日目には、疾患レポート・患者の全体像・プロセスレコードを提出しました。(すべて手書き・・ひょえ~)

情報収集の14項目を担当教諭に見せて、指摘を受ける毎日。

しつこい様だが14項目の、情報・アセスメントも手書き。泣

初実習を終えた感想

なんとか終わった 

1年生の実習は主にコミュニケーションをとることだそうです。

今、朝寝坊できることに幸せを感じます。

2年生、3年生と実習期間が長くなっていくので看護計画、看護記録を悩まないで書けるように今から知識が必要なんだと思いました。

睡眠時間確保のためには学校で知識、技術を習得することが大切だと思いました。

看護学生のみなさん頑張りましょう。

www.mamanurs.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする