基礎看護実習2終わりましたよ!基礎看護実習1との違い。

f:id:ibelievexx:20170101003712j:plain

基礎看護実習ⅠとⅡの違い

実習2回目の基礎看護学実習Ⅱが無事終わりました。

基礎看護学実習Ⅰとは違い、看護問題を挙げ看護を展開するのが課題。

どうなることやら・・・と思ったが!

良いグループメンバーに恵まれ、クリアすることができました。

看護問題の考え方

学生はそれぞれ受け持ち患者が違います。

看護問題の挙げ方は、患者の事を思いに思い必要な看護を何か考えることです。

「私だったら何してほしい?」から考えようと思いましたが、なかなか良いアイディアが考えきれませんでした。

病気を持つ患者自身の気持ちになるのはとても時間がかかる。

だから、「私の大切な家族ならどうしてほしいかな」

「家庭に戻ったとき、退院したとき本人にどんな問題・課題があがってくるかな?」という考えから始めました。

家族が病気で入院・・・さてどうする?

看護師にどうしてほしい。

本人にどうなってほしい。

ほら!考えやすいね!

また看護問題がなかなか挙がらなくても、看護を展開するなかで本人とコミュニケーションをとりながら色んな課題が挙がってきます。

そこからまた練り直せばいいと思います☆

実習の流れ

時間的には午前中は実習、午後から学生カンファレンス、カンファレンス後に記録といった感じでした。

これは基礎看護実習1同じ感じの流れ。

www.mamanurs.com

基礎実習Ⅰではできなかったこともできたよ!

今回の実習から、患者に血糖チェックしている方もチラホラいました☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント