子どもに読みたい絵本「地球のこどもたちへ」 

地球から、親愛なる地球のこどもたちに宛てた手紙のような絵本

あなたもわたしも、たったひとつ。

とくべつな、かけがえのない存在。

どんな生きものもみな自分の兄弟姉妹、わたしたちはひとつの大きな家族。

いつも愛され、大切にされなければならないということです。

海がゴミだらけになってしまったら・・・

わたしのこの空が汚れてしまったら・・・

生きものたちがみんな消えてしまったら・・・。想像してみてください。

6歳の娘は真剣に聞いていて、海にゴミを捨てると海が汚れるんだよ、象牙を取るためにゾウが死んだんだよ、と話をするとしくしく(´;ω;`)

幼児向け絵本に比べ文字は多いけど、一言は短いので、読み手がピックアップして読むのもありだと思います。

絵本を閉じた後も、この話題について話しながら就寝。

「みんな家族だったんだ!」と言ってなんか嬉しそうでした୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

優しさが育つ絵本だと思います。(*´꒳`*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする