看護学校面接前によく言われる心構えとは?看護師1年目が受かる秘訣を教えます。

看護師1年目のあんこです。

半年前は学生だった~~、今でも覚えています。看護学校に受かったときの嬉しさ。

夢に向かう受験生のために、今回は受かる秘訣を記事にしたいと思います。

面接とは?

面接(めんせつ)は、人物像や能力を見たり聞いたりするために、直接会って対話などをする行為をいう。

看護師の仕事は、一生もの

面接前は、無理やりでも「看護」という仕事をを好きになる

国家資格に合格したら、その資格は生涯有効と言われる看護師資格。

一生を看護の仕事に捧げるのは、覚悟が必要となってきます。
つまり、覚悟がない人とみなされたら落とされます。

「給料がいい」

「就職に困らない、職の安定性」

面接者は何度も面接を行ったベテランばかり、何人もの学生をみてきています。

もし、上記の理由だけで看護師になりたいと思うなら、見破られます。そして、確実落とされます。

現場では、「給料・職の安定」で看護師資格を取ったという方も実際にいます。臨床で働いても、患者より自分優先の看護師はいます!!

でも、最初からそれでは看護学校に入ってから辛いのは自分自身。

働いてからの職の安定や給料を考えながらの学校生活はきついです。

寝不足の3年間・給料のないボランティアみたいな実習・患者さんのために!と考える力・どれもが苦しくなってしまいます。

学費を支払う&バイトもできない、という貧乏な学生生活を耐えるためにも、なんでもいいので、今のうちに「看護」を好きになるような事を努力してでも探しましょう!

面接で問われるのは、「人柄」

人柄は、普段の行動から表れます。

社会人として当たり前の行動をしましょう!そして、自分にも他の人にも、優しく生きてみましょう。

・ポイ捨てしない。

・陰口や皮肉っぽい性格にサヨナラする。

・優先駐車場には停めない

・毎日適度な運動で心の健康を保つ

・ストレス発散できることを探す、ストレスを貯めない

・歩きタバコはしない

・他の人の邪魔にならない程度に自分の好きな事をする←毎日お酒飲む私

書いておきながら、できてないことも多いですが・・・

自分が心地よいな~って思う行動をするのが一番!

またまた、面接に向けて日頃から気をつけてほしいことは。。
・清潔な身なりであること。
・挨拶をする。
・学ぶ姿勢を大事にする。

練習・下調べあるのみ。

受験する学校のことをググりましょう!出向いてみましょう!

「明日、面接がある!!」とビクビクしているだけでは、もったいない!!

受験する学校のことを、よく調べてください。
“なぜ本校を志望しましたか?”

はよく質問されます。詳しくはこちらへ↓

www.mamanurs.com

「自宅が近い」

「学費が安い」

を第一の理由にしてはいけませんよ!!

私は、「自宅から近い」が一番の理由でしたが、それを面接で言ってはいけませんw

www.mamanurs.com

www.mamanurs.com

受験するオープンキャンパスには必ず参加しましょう!

「オープンキャンパスに来ました。」は面接評価で有利になるらしいです。

また、看護学校の看護目標・方針を調べ自分の看護に照らし合わせ、心に落とし込みましょう!

www.mamanurs.com

質問に対する答えを声に出して何度も読む

棒読みしてない?
面接対策で書いた紙を暗記して棒読みするだけなら、面接とは言いません。

しかも棒読みでは、どんなに良い事を言っても、相手に半分以上伝わらず評価してもらえません・・・。

前にも言いましたが面接官は、意気込み・人柄をみています。
質問に対して、自分の言葉で思いのままに表現できるようにしててください。

日ごろから、看護について意識を持ち、この社会に何を感じるのか、看護について考えることが大切です。
特に最近のニュース(特に医療関係)については、質問されることもあるので、自分の考えをまとめておいてください。


面接練習を本番の様に行う

「その場で考えて話せばよいのだから練習はいらない」

なんて考えると本番めっちゃ緊張します。

「でも、練習なんて~」と緊張するし、恥ずかしい。

と思うかもしれませんが、本番でしくじるより練習で恥をかいたほうがいいに決まっています!

学校の先生や、塾の講師が一般的ですが、社会人ならば勤務先の上司におねがいして面接を行うのもGOOD!!!

自己暗示は最大の味方

私は看護を行う自信がある!

自分なりの看護観をもっている!

わたしなら大丈夫。

むしろ、私を落とすなんて損したわね。

だから、落ち着いて。普段の私で大丈夫!

www.mamanurs.com


さいごに

面接は1人での戦いです。

そこには、後ろから支えてくれる人もいません。

でも、面接官は敵ではありません。落とすために面接を行っているわけでもありません。

結局は、看護師としてやる気のある人材を、看護師にしていきたいのです。

だから、やる気と自信を持って希望校を目指しましょう!!!

www.mamanurs.com

www.mamanurs.com

最終更新日2018.08.30

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする