看護専門学校の試験内容はさまざま、そして受験する人もさまざま

一般的に看護学校の入試は学校により科目等(国語、数学、英語、生物、等)の違いがあります。
範囲はその学校により違いがあり、志望校に応じた学習が求められます。

大学受験の滑り止めとして受験する方もいます。
大学よりはレベルは低いものの、専門学校だからといって侮るのはよくありません。
例年、専門学校受験者は増えています。

しかし、そのなかでも みっちり勉強してきた人と、そうでない人の差はかなりあると 考えてよいでしょう。
試験に遅れてくる人や、居眠りまで始める人がいます。
これでは合格できません。

看護学校受験は、上は50歳過ぎの方もいました。
看護師はいつから目指しても 遅くはないのだと 改めて感じました。
現役生は、若さ・明るさが武器ですが、社会人は経験が武器となってきます。
仕事で何を学んできたのか

学生を引っ張れることができるか

などが面接でみられるポイントとなるでしょう!

予備校で2年も3年も浪人する方もいます
そんなことにならないよう、最善を尽くしたいものですね。
きちんと計画し実行にうつしましょう!

人生を生きるには、修練が必要です。

「まずまずの目的、過ち多き行為、

ぐらぐらしている意志」のうちに

人生をうやむやに過ごしてはなりません。

- フローレンス・ナイチンゲール -

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする