学校生活始まって2ヶ月。キター子どもの発熱!さて学生母さんどうする!

学校生活が始まり、そろそろ子どもが熱出る予感~予感~

キターーー

予測どおりの子供の発熱そして嘔吐。

子どもって定期的に体調不良になるのよね
 娘「お母さん~」と泣いている

機嫌も悪い・・・見てもらう人がいないため学校へ欠席の☆初☆電話。
ドキドキする~怒られるのかな?


「おはようございます。1年生のOOOOOOと申します。欠席の連絡をしたいのですが、こちらでよろしいでしょうか?」
事務
「つなぎますのでお待ちください」

「はい」
1年生担任
「おはようございます。」

「おはようございます。1年生のOOOOOOと申します。子供が発熱・嘔吐しています。看病のため今日の授業は欠席します。」
1年生担任
「お子さん大丈夫ですか? 子供のそばにいてあげてくださいね。無理せず看病がんばってください。授業で配られるプリントはお友達に取ってもらってくださいね。明日も休む場合は、連絡くださいね。」
「お大事に」

という感じで終了。

休むにあたって何か言われるだろうと身構えていた分、優しさが身にしみました。

子供が発熱するとナイーブになる私。

すっごい落ち込みます。何故だかは不明。

プラス寝不足になるので、不安、不安、不安になります。

看護学校の先生なんだから当たり前と感じる方もいると思いますが

普通の優しさや言葉かけの大切さを感じました。
その後、看病頑張ろうと思った私は子供の嘔吐物と戦い、勝ちました。笑

子供が定期的に体調崩すことで、健康であるときの幸せに気づきます。
気づきって大切!!!!

気づけることに感謝!
子供が親を育てるってホントですね!

子育ては親育て

*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする