子どもの発熱で休んだ日のこと(続き)。優しさが嬉しい[ありがとう]

 


この日は結局お休みしました。

何故かというと。

先生に泣く泣く相談しました。

「先生~ (・o・) 午後、子ども見る人がみつかりません。その上、熱がけっこう高いです(:_;)」

すると、4コマだと思っていた授業は2コマ分の評価になると先生が教えてくれました。

相談するもんですね!

そして、もう午後の発表の時間に間に合わないだろうと思われた。

さらに子どもの熱が高く、機嫌が悪かった。

からです。

 

学校の仲間から

「OOO(←私)も体調崩さないようにね。」

「大丈夫だから安心して休みな」

「私らに任せて~」

頼りになるメンバーたち。

電話を取った先生からは

「今回の発表は休んでもテスト受けれますよ。だから大丈夫ですよ」

「こどもの看病頑張ってくださいね」

さすが看護の先生。

f:id:ibelievexx:20161027140017j:plain

 

「誰か見る人いないの?」

「病児保育とかあたってみた?」

「人に頼らないで、頑張りなさい」

と言われ勤務していた頃とは大違い。

 

ここの看護学校で良かったと思った。

そして、私も仲間のように先生のように、人に優しくなろう。

f:id:ibelievexx:20161027135626j:plain

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする