雑学

【一番危険な紫外線は地上に到達してない!】太陽は大地に恵みをくれるが・・人間にはよろしくないという事実。

 

f:id:ibelievexx:20161030084854j:plain

太陽の光にはそれぞれ波長によって分けられて、紫外線・赤外線・可視光線があります。

 

私、足を日焼けしちゃいまして・・・。

その原因である紫外線について調べました。

《紫外線》UVともいう。(波長400 nm 以下)

紫外線の波長が短いほど細胞毒性が強く、たんぱく質やDNA・RNAに必要な核酸を変性させてしまう。

一番危険な紫外線は地上に到達していない!

  1. 短波長紫外線(UVC)190~290 nm 地上に到達しない
  2. 中波長紫外線 (UVB)290~320nm 地上に到達する
  3. 長波長紫外線(UVA) 320~400nm 地上に到達する

 

一番毒性の強いUVCが、地上に到達したらDNAが変性し、突然異変の始まりか。

UVCが地上に到達する・・そんな日が来たら、地球人はこれを着るのだろうか。

f:id:ibelievexx:20161030090946j:plain

 

  1. 短波長紫外線(UVC)190~290 nm 地上に到達しない
  2. 中波長紫外線 (UVB)290~320nm 地上に到達する
  3. 長波長紫外線(UVA) 320~400nm 地上に到達する

続きまして、地上に到達する紫外線について。

UVBは雲やガラスで遮断できます。

つまり、私たちが外で浴びている紫外線はUVAがほとんど。

日焼けサロンで使用されているのも主にUVA。

「じゃあ、紫外線波長が長いやつだから大丈夫じゃん!」

と思ったあなた!

油断は禁物。

UVAは皮膚の深いところに到達するのに優れているため、しわをつくるのはUVBより強いといわれています。

その結果、しみ・しわ、たるみを作る。

f:id:ibelievexx:20161030090337j:plain

UVBはエネルギーが強いため、皮膚の上でメラニンが絶えず紫外線を吸収し体を守っています。

そして紫外線によって絶えず核DNAが損傷を受けています。

その結果、皮膚がんの原因となります。

 

まとめ 

UVAはじわりじわりと、しみしわたるみを作る。

UVBはエネルギーが強く、DNAの損傷皮膚がんの原因となる。

UVCは危険すぎるため、突然異変の覚悟を。