面接で子どものこと質問されたらどうしよう。「困らないで!子どもがいることはメリットになるんだって♪」 【まずは入学しよう!】


子どもがいることがメリットになるだって!?

私自身予備校に入学するまで知らなかった。

子どもがいることは不利になると思っていたので、困っていました。
そしてどうやって子どもを隠そうか、マジで考えていました。真剣に笑
今思うとほんとバカ。

 

予備校で担当の先生にお金、子ども、仕事と色々相談しました。
数学の先生で、授業は難しくて。。。?のときもありましたが、人生の先輩だけあって、相談しやすい先生でした。

予備校の時は、子どもとアパートに住んでいたので時間、お金はとても心配でした。
それでも先生は、私背中をおしてくれました。

「私は母子家庭だし、頭も悪いし・・・」と相談したことがあります。

すると先生から、「それは入学する前は不利かもしれないけど、看護学校に入ったら有利になるんだよ。何言ってるの^^」

と言われ笑ってくれました。

頭悪いのは否定してくれよヾ(ーー )ォィ

 

そこからテンションも上がり、モチベーションを上げ受験を迎えました。

 

どうしてメリットになるの?

子どもがいるってことは出産や結婚の経験があるってことで、それは役に立つと言っていました。

実際小児の時間や、母性の時間では「それ知ってる!」ことも多く頭に入りやすいです。

小児で、風疹麻疹などの症状だったり定期予防接種を覚えさせられますが・・子どもとやってきたことなのでだいたい分かる。

母性では、妊婦検診は公費の回数、4wに1回から2wに1回になるのは何週からとかを覚えます。

細かいことは忘れてますが、一連の流れを知ってるのでイメージしやすい!

あの頃を思い出し懐かしんだり♪楽しいですよ。

 

 

私の考えたメリット

母性の実習はとてもきついと聞きました。

それは、出産を経験した人の親の気持ちに共感しなくてはいけないからだと思います。

出産直後は、気分も浮き沈みも激しく精神的に不安定になりやすいです。

産んで育てて、やっと分かる親心なのでそりゃ~共感するの難しいですよね。

だから子どもがいる分、実習で同じ境遇の人にあう機会があったら共感しやすいと思いました。

 

その他メリット

子どもが応援してくれる!だからやる気継続。

時間に追われてるからメリハリがついて、集中力UP。人は限られた時間の方が頑張るそうです。

 

まとめ

 

案ずるより産むが易し。ですね☆

社会人は経験が大事と聞きますが、これも大事な経験に入ると思います。

だから胸を張っていきましょう。♪

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする