【子どもの学校参観日】行くメリットはあるのか。

学校を休んで子どもの参観日に行った。

学校の先生へおやすみの電話

「今日の朝の授業、空きコマだと思っていました。子どもに『参観日行くね。』と約束したので朝の授業は休みます。」

 

怒られるのを覚悟で正直に言いました。

返事は、まぁまぁのお答え。

先生:「予定はしっかりとね。」

↑これ・・・どう受け取ろうか~~~。

私の予定?子どもの予定?学校の予定~?

あぁ~~~わからない。

f:id:ibelievexx:20161117204159j:plain

子どもの参観日しっかり行ってきましたよ!

娘は真ん中あたり☆

参観日といっても、授業ではなく幼稚園なので保育参観のようなもの。

朝の自由時間でした。

 

参観日に行くメリット

 お家にいるときと、学校での生活の違いが分かる。

遊び方、何に興味があるのかなぁ~

他の子の発達状況が分かる。

比べないと思っていても比べちゃう。ちゃんと成長してるのか?大きすぎないか?小さすぎないか?

お友達がわかる。名前と顔が一致できるようになる。

よく話しに出てくる友達ちゃんが分かる。

先生と話ができる。

送迎時間は先生も親も忙しい。この機会に普段の様子だったり、子育ての悩みを♪

 

参観日に行ってデメリット

野外活動の場合なんといっても暑い!日焼け止め必需品。

子どもは太陽の子だけれど、大人はしみシワが怖くて怯えています!

自分の予定を入れれない。

子どもと約束なんてしてしまうと、この日は何があっても行くぞ。

変えるときに子どもが「帰らないで~」と言えば、寂しくなる。

あるあるですよね。子どもに負けず長居しない。余計寂しくなっちゃうんで、親はさらっと風のように軽く帰るのがコツ。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする