そろそろ冬休み。追い込み

長かった先週

課題も発表も、グループワークと放課後居残り・・・とても長いと感じた先週。
やっぱり子持ちでいる私が、放課後居残りグループワークに毎回なんて参加できない。
そこで、グループワークに参加できないことでメンバーから追い討ちをかけられることもあるのか。
と実体験したので記事にします。

現実を伝えたい

少々愚痴入り

一人親で学校に行きたいけど、大丈夫かな?
と思ってる人に現実を伝えたいです。
いいえ、脅すつもりは全くありません。こんな私でもできてます。と現実を伝えたいです。
愚痴も少々入りますが、ご了承ください。

課題の提出日という大事な日が、こどもの学校行事とかぶる。

そう・・・それは、先週金曜日のこと。
子どもの発表会があるので、前々から学校を休むつもりでいた。
しかし、時間割を見るとグループの課題提出の最終日。

子どもは前々から「お母さん来る?♪」と楽しみにしている。
「もちろん行くよ!(内心・・課題提出日だ!どおしよう。)」

子どもの成長は待ったなし

悩んだ末

子どもの発表会に行くことにしました。

もし明日死ぬなら、学校に行かない後悔より子どもの発表会に行けなかったことを悔やむだろうと思ったから。
こどもの成長は待ったなし。
成長を見れないことほど親にとって悲しいことはなかろう。

看護学校休む決意を

グループメンバーには、あらかじめ休むことを伝え了承をもらいました。
もちろん、とてもありがたいことです。
感謝を述べ、頼むことにしました。

学校を休む当日。
学校へ休む連絡をいれます。
もしも、怒られるなら受け止めましよう。と思ったので休みの連絡も正直に内容を言いました。

私「子どもの行事に、参加するのでお休みします。」
先生「グループメンバーは知っていますか?」

って感じで、案外さらっと終わりました。

ひと安心したのもつかの間。

問題はここから。

次の日学校へ行くと、同じメンバーの一人から
「OOO さんお菓子楽しみにしてますねー。」
「OOO さんが休んでる間に終わりましたよー。」
「OOO さんはこれしてくださいね!」

と嫌みプラスの指示ありにドン引きした私。

社会でも・・・嫌みってありますが。学校でもあるのね。これじゃイヤミ会社と一緒じゃ。

私のいない日に決定していたこととは・・。

発表日に緊張する役を割り当てられていました。

全学年の前で、看護師役と患者役にわかれてロールプレイングをします。

[ロールプレイングとは、役割演技(やくわりえんぎ)のこと。現実に起こる場面を想定して、複数の人がそれぞれ役を演じ、疑似体験を通じて、ある事柄が実際に起こったときに適切に対応できるようにする学習方法の一つである。ロール・プレイング(英 role playing または roleplaying)、日本語では略称でロープレなどともいう。]

しかし、嫌だとも言えず・・・断れず。休んだんだから断れるわけなーーーい
f:id:ibelievexx:20161219204004j:plain

私は看護師役。
私のいないところで、じゃんけんで負けた患者役と休んだから抜擢された私。

あまりいい思いはしないですね。

ただでは休めないぜ、看護学校

子どもことで休むと、こんなこともあるのね。

だたでは休めない。そう思っていたほうが、イライラしなくて済みそう。

愚痴も入ってます。
すみませーん。