シングルマザーで看護学校!!学費が心配!!助成金をもらうために合格前にやっておくこと《重要》

役所からもらえる高等職業訓練促進給付金を知っていますか?
知らない方はこちらへどうぞ。
高等職業訓練促進給付金その1(新規申請)

高等職業訓練促進給付金その2(支給決定通知)

高等職業訓練促進給付金その3(毎月行うこと)


助成金をもらうならために、看護学校合格前に相談しておくことが大切

相談場所は住んでいる地域で違う

看護学校から合格をもらう前にやることがあります。

それは市町村窓口への《相談》

市町村窓口とは、

  • 市や区 – 市役所(しやくしょ)・区役所(くやくしょ)
  • 町や村 – 町役場(まちやくば、ちょうやくば)・村役場(むらやくば、そんやくば)  のことです。

※私が市内住みなので、今回“市役所”を窓口とさせていただきます。

相談ってそんなに重要?

重要なんです!

相談することの目的は、私は今から看護学校へ行って資格を取得ししようと思っていますが、

「助けていただけませんか?」

「協力してもらえませんか?」

そして、「支援をしていただけるなら、やっていけそうです」という前置きになります。

例えば・・・

①例さん:看護学校合格しました!!⇒窓口行きます「支援してください。」

窓口さん:家庭状況みえません。本当に困っていますか?ちょっと考えさせえて下さい。

と相談や資料調査から始まります。

②例さん:お金困ってます(相談)⇒でも自立したいんです(相談)⇒看護学校行きたいです(相談)⇒その都度、現状報告行きます(相談)⇒看護学校合格しました!!⇒窓口行きます「支援してください。」

窓口さん:ようやく合格しましたね。家庭状況知ってます。計画性が見えます。支援しましょう。

市役所の助成金担当者も人間です。少しくらいの独断と偏見があってもおかしくありません。

生活環境や境遇が同じだった場合、①例さんと②例さん・・・さぁあなたはどちらを助けたいですか?

先に相談していた人が優先される世の中

やる気と計画性が重要

もちろん前から相談していた②例さんが優先されます。

それは、困っているから相談にきてますからね。

この制度は、困っている人、お金が無い人、でも自立して生活したい人のスキルアップを応援する制度です。

支援の必要性はもちろんですが、計画性とヤル気もみられています。

せっかく助成金を支払っても、退学してしまうと助成金の無駄になるからです。

政府のたくらみ

政府が、ヤル気だけにタラタラお金をあげるわけがありません。退学、留年せず勉学に励み、無事卒業して、地域に貢献できる人を育てたいのです。

看護師という職の給料は安定しています。職も安定。安定の安定。

税金を支払い地域に貢献できる人が増える=給料が上がる=児童扶養手当の減額につながる

になるのでシングルマザーが低所得でいるよりも、資格を取ってくれ働くことは、国にとっても都合が良いのです。

私の相談内容

金が欲しいので看護学校合格前に助成金について調べまくりの私は、もちろん看護学校受験前から市役所の担当窓口へ相談に行っています。

「今年合格するぞ!!!」と思っていたので、相談もそうとう現実的な内容。

必要書類は?もらえる金額は?毎月行うことは?支給率は?と担当者を質問攻めに。

ですが、この年は不合格でした。テヘヘ

不合格を伝えるときに、この合格する気満々の相談が少し恥ずかしかったのを覚えています。

しかし、終わったことは振りかえらず。浪人しても相談へ行っていました。

母の意地ですねッフン!!

どうして相談するの?安定しない制度だからです。

私が給付を受ける年は、前年度のデータを見て続けるか考える年でした。

だから「来年もあるか分かりません。」と言われていました。

この制度が無かったら学校へ行けない。。。行ってもかなり厳しい家庭状況になってしまう。だから相談にいき「この制度が必要としている人がいます!!」とアピールも兼ねて何度も相談に行きました。

高等技能促進給付金等事業は始まったばかりで、予算も安定しない、そのため何年続くか未定の制度でした。

もちろん、相談に行っても、窓口で制度を知っている人も少なくて、たらい回しのときもありました。「ほんとに支給されるの?」と半信半疑の状態でも相談へ。

一年更新の制度だったので、不合格を受けた次の年も継続して行う制度かは未定。

「予算も安定しない、来年も継続するか不明、継続したとしても人数に限りがある。」

と市役所の助成金担当者に言われ続けました。

絶対に助成金を受けたい。たったそれだけ

来年も制度が継続するなら、絶対に助成金もらいたい!

1年の浪人生活の間、市役所へ他の用事で行くときに、欠かさず制度の変更がないか担当者会いに行き、現状報告をしていました。

学校を合格したら、浮かれてないで市役所へ

申請は3月頃と遅いですが、合格をいただいた時点で市役所へ報告に行ってください。

看護学校合格をもらって、ようやく新規申請することができます。

ラッキーなことに制度の継続との話があったので、申請することができました。
1年半前から相談していたが、支給決定されるのか不安の日々を過ごしましたよ。

まとめ

知らない人に相談することは無意味に等しい、しかも市役所の人だなんて・・。
市役所に相談に行くことを躊躇ちゅうちょしている人が多い。

「私生活をわざわざ相談するなんて、面倒だ。」

そう思う日がくるかもしれません。
しかし、相談は決して無意味ではありません。

助成金は、私生活を経済的に支えてくれるものです。
国民の税金で作られ、私たちの夢を支えてくれるものです。

変なプライドは捨てること!
嘘をつくから面倒になる!
とにかく困っていることを、素直に相談に行きましょう!!

個人的な相談はコメント欄から受け付けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする