看護学校

介護実習と看護実習はぜんぜん違う!私の失敗体験。


介護実習と看護実習の違いを発見

私は介護福祉士&看護学生

私は看護学校に通うシングルマザー。高校が介護福祉科だったこともあり介護福祉士資格を持っています。

現在、看護実習中です。実は、高校生の頃に介護福祉をとるために現場に実習に行ったことがあります。

その時の実習は鮮明に覚えています。

訪問介護(ホームヘルパー)で訪れた家、施設で関わった利用者さん、お世話になった職員、実習で同じグループメンバーと記録物で悩んだことや怒られたこと・・・もありますが、楽しかった思い出として残っています。

高校生で若い身体に、仲間はいっぱい、子どもは居ないし、お金の心配も無しだったからでしょうか、ほとんど辛かった記憶は残っていません。

親に感謝ですね。

 

介護実習での経験

介護実習は、ほとんどが老健施設。その頃の私は、利用者さんの側にピッタリ。

ベットサイドで寂しい患者さんの話し相手、不安を共感し、雑談に笑い、世間話を聞く、暇になれば時間まで散歩へ。

オムツ交換や入浴の介助、食事の見守り、レクレーションで遊ぶ☆

実習最終日には、学生に優しく話てくれた高齢者の皆さまに【ありがとう】と感謝されるし「実習は楽しいな♪」

 

患者さんの側に居ることこそ一番!!

と信じて疑わない私は、看護実習でも同じことをして失敗しました!

良かれと思った経験、看護実習では失敗!

ベットサイドで世のお話ばかりしていたある日。私の受け持ち患者Aさんについて教員から

教員:「Aさんの既往歴は? 夜の状態は? 今日の体調は? 処置は何があるの?」と質問攻めに

私:「?!?!分かりません。(汗)」

と焦ることしかできない私。

だって疾患について何にも知らない。(笑)

 

患者の側に居ることが良い事だ!と信じるばかり、カルテからの情報を全く拾っていなかったのです。

出会ったばかりの患者さんに、疾患、疾患の告知状況、手術歴や予定手術、家族の状況を聞けるはずがなく。
世間話で笑ったりするだけの楽しい実習をしていたのは私だけ。テヘヘ

カルテを見ないと分からないことは沢山あります。

雑談も大事だけど電子カルテからの情報収集はもっと大事

雑談の中から、生きてきた背景、職業、価値観が分かることもあります。

それも大事だけれど、身体の不調、急変を予測して予防することも大切。
というか、それが看護師の仕事です!!!!!!!!!!!!と教員から散々の説教。

その後は、教員と電子カルテをにらめっこ。疾患・告知状況・病気の治療具合、安静度・・・・他諸々をメモメモ。

心の中「これって私が知っておくことなのね(苦笑)」

と看護という医療の世界を実感。

看護師は患者の体調管理、疾患治療が基本になるので、話し相手だけでなく疾患・病態にくっつけて情報を取るということが分かりました。

まとめ

たぶん私のようにここまでバカな人はいないとは思いますが、患者さんの横にいることだけが大切なことではなく、電子カルテから情報を取ることは看護師にとって大切なこと。

看護師と介護士の対象者は同じだけれど、どっちも違うところから攻めてるんだな~とかんじます。

両方どっちも!といういいとこ取りではなく、お互いに専門性を高め、連携して患者さんを守っていくために違いを見極めることは大切ですね!

 

おまけ

私の豆知識によると介護師は最短18歳、看護師は最短20歳で取得できます。
学校に通ううことなく、3年間の実務経験でも介護士受験資格がもらえます。
しかし、2017年1月より「実務者研修」の終了が義務付けされるようで、少し最短ルートの変更があるようです。

続きまして、看護師は一般的に高校卒業後に専門学校や大学、短大へ行って取得します。
なかでも看護師5年一貫高が最短コースだと思われます。
5年一貫高の高校を卒業すると20歳ですね。

看護専門学校のなかには、中卒受で験するこが出来ますが、果たしてそれで看護専門学校へ合格するのか謎ですが。
合格者した方がいたら教えてほしいです♪