老年看護学実習。看護学生の看護ケア見学はいつまで?

看護学生いつまで見学するの?

いつから主体となって動けばいいんでしょうか。

私の行動計画は、「おむつ交換を見学する」「入浴を見学する」「トイレ介助を見学する」・・・。

はい。指摘されました。

「1~2回見学したら、あとは「自分(学生)主体で動くぞ!」位の気合いと積極性を持ってください。」

とご指導いただきました。

見学だけなら臨床実習の意味が全くない。

そうなんです。実習は現場。

見学で終わるなら、座学・DVDと学校にいるのと一緒。

患者さん、利用者さんは「生身の教科書」と先生が言っていました。

確かにそうですね!!!納得です!泣

でもでも・・・見学ばかりしていた私の言い訳をきいてほしい。

カルテより、私の受け持ち利用者さん。不穏になりやすい、突然の暴力、拒否的発言あり。

という情報があって、ビビッていました!

私の力不足だと自覚してます、何も言わないであげて・・・・・。

看護学生ができること

もちろん医療行為はまだ出来ません。

でも介護さんがやっていること、例えば歩行介助、おむつ交換、トイレ移乗などの学内で技術練習してきたことは、できます!

施設・病院によっては予薬、血糖チェックもできるようです。

これは施設の方と、担当教員と相談してくださいね。

「これやりたいです!」「こんなことしてみたいです!」などの積極性を出す看護学生はGOOD☆私はまだできてませんが今後の予定です。

つまり学生は積極的に看護ケアに参加してOK!

帰校日は緊張感がなくて眠かった

www.mamanurs.com

www.mamanurs.com

www.mamanurs.com

今回の実習、まだ睡眠不足ではないつもりだったけど。

少しですが、朝寝坊しちゃいましたよ。

早起き、徹夜が続くと、やっぱりきついんですね。

実習中は気が張って起きますが、“帰校日、学校”ということで、緊張感が抜けました。

朝は今週一番の眠たさと戦い、起きるのきつかった~~~。

老年看護学実習☆帰校日は

記録、計画、高齢者のレクについてお話。

学校~~~寝坊できる~~♪

と課題を終えた夜中から嬉しかったです。しかーし・・・

提出物忘れました。

本当は学校に来てすぐの朝の時点で、3枚の課題提出しなければなかった。

でも、私はなんと聞いていなくて1枚だけの提出・・・。

やっばーい!!

先生の話聞いていなくて、何処かへブッ飛んでいました・・・反省。

きっと減点の対象でありまする・・・。

でも優しい先生で良かった。

学校では実習メンバーでレクリエーションの話、個人の記録、先生と看護目標のだいたいの方向の話をしたりしましたよ。

今日の一日。

6時:起床。(予定は5時半だったのに。)

8時:娘を学校へ送りながら私も学校へ。

16時:学校から解散。(本当なら17時過ぎ解散)

17時:娘を幼稚園で迎えることができました♪

帰校日も実習と同じ時間に入ります。

実習では、昼休み入れて8.5H。

帰校日は学校に9時集合。

9時に学校開始ってことは、本当ならば17時30分解散になる計算ですよね。

でも受け持ちの先生が気を使ってくれて、会議の結果「早めの解散」にしてくれました☆

さいごに

来週はケースカンファレンスがあり、看護計画を立案し実際に看護を展開していきます。

ドキドキ・・・☆

頑張ります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする