老年看護学実習Ⅰ【カンファレンス】行動計画に活かせるようなテーマを選択する。

看護学校に入学して、何回か実習してきたが・・・

やっと専門分野にたどり着きました。

今まで行ってきた実習は「基礎看護学実習」といわれるもので、実習の目的や、患者さんとのコミュニケーション、記録の書き方を主にしてきました。

f:id:ibelievexx:20170211000726j:plain

「看護過程の展開」が必修の初めての実習なんだよ♪

基礎看護学から抜けただけで、なんとなく3年生にちかいんだなぁ~って実感できます。

残るは、試験、実習、オスキー、国家試験!ですね!!!

とまあ、雑談は置いといて・・・。

カンファレンスのテーマ

カンファレンステーマがない時に、参考にしてください。

  • 受け持ち利用者さんの強みについて。(老年看護では特に大事)
  • 今日の疑問に思うこと。気になったこと。
  • 看護計画に添った行動ができたか、出来なかった場合、原因は?さらに次は何をしたいかまで。
  • メンバー間で共通理解しておきたい事。
  • 認知症、または高齢者に多い疾患について。
  • 認知症がある方への接し方。関わるときの注意点。
  • 今日行ったケアの中で良かったこと。
  • 今日の失敗や、ヒヤリハットについて。
  • 高齢者の特徴、現在の受け持ち患者を踏まえて。

どうしても強みがみつからない・・・。

と思うそこのあなた!そんなことは無い!

短所は長所であり、長所は短所でもあります。

考え方次第でいくらでも強みはみつけられます。

それでも・・・それでもみつからないとき、カンファレンスでメンバーと考えてみるとGOODアイディアが出てくる確率大!!!☆

カンファレンスに怖がらないで、メンバーを利用して強みをみつけよう☆

カンファレンスを上手く利用できると

睡眠時間の確保にもつながるよ♪

お家に帰って、行動計画・行動目標考えるのって時間かかりますよね?!

だ・か・ら、グループがあるんです♪

皆で意見を出し合って、患者さんにとって良い看護となるような話合いができた日は

必然的に学生にとっても、実習しやすい知識になるんです☆

だから、行動目標も、行動計画も立てやすくなるので一石二鳥☆
ww.mamanurs.com

www.mamanurs.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする