老年看護学実習Ⅰ【11日目】看護師シャドーイング

今日は看護師シャドーイングを行いました。

シャドーイングとは?

シャドーイングとは、(イヤホンなどで)音声を聞いた後、即座に復唱

る実験技術である。  ウィキペディア 

ですが、看護師シャドーイングとは、看護師の業務を知るために看護師のあとをつけてまわること。

基礎看護学実習Ⅱでもシャドーイングがありました。

実は・・シャドーイングという言葉を聞いたことなかったので、最初「シャドーイング」を聞いたときは、ギャグだと思って笑っちゃいました。

シャドー →影

イング  →英語の進行形

だと考えれば、学生は看護師の「現在進行形の影」ということに ww

そんな妄想を膨らませ笑っちゃいました。

看護師のあとをつけてまわる時の注意

もちろんメインの看護師について行きますが、看護師ばかりに帰を取られていると・・・周りの観察できてない!と言われますよ。

看護師を見るのはもちろん!だけど、目配りを忘れずに。

学んだこと

見た目以上に忙しかった看護師。

老健入所の条件に入っている「病状の安定」。

だからそんなに医療行為はありません。

見た目でいうと、トイレや食事、着替え、体操・・・と介護士さんがパタパタしている・・。

しかし今日の看護師シャドーイングで内服管理・体調管理・記録の整理・多職種への情報伝達ナド。

様々な業務を行っていることがわかりました。

見た目以上に忙しかった看護師。

最終日まで残り3日。

ここにきて課題がまた増えました。

明日レポート提出です。

でも、インターネットコピペして素早く終わらせました☆真似しないでねw

眠いっす。

朝5時起床

朝6時20分には家を出ます。

実習終了後、実家に帰ってきたのは18時半でした。

さいごに

明日は、最終日の前日。

最終日の反省会やら、発表やらできっと準備で忙しい前日。

課題提出がめちゃあります。

ということで、明日に備えて今日は早く寝ます。

www.mamanurs.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする