昭和時代の母子家庭

私の子ども時代

母子家庭で育った私は、今母子家庭の母です。

子どもの頃は、裕福とはいえない家庭環境で育ったようです。

誕生日・クリスマス・などのイベントではきちんとそれなりのプレゼントも身なりもさせてもらっていました。
お金がなさすぎて、食事が無いということもなかったので、子ども心には「何のお金が無いのか」分かりませんでした。

それでも、母はよく「お金が足りない」と言っていました。

それで、客観的視点による発言とさせていただいています。

 

f:id:ibelievexx:20161121213316j:plain

結婚、出産、離婚を経験し始めてお金に不安が出てきました

現在は結婚、出産、離婚を経験し「お金がもっと欲しい」という現実を噛みしめています。

食べたい物を買えないときの方が多いし、洋服も靴も我慢することがほとんど。

それでも節約のためにご飯を抜いたことは無い。

たまにお菓子だって食べるし

洋服にしても、穴が開きすぎているという洋服もない。

友人とランチに行くこともある。

社会から孤立もせず、それなりに子育てができている。

だったら、私たちはいったい何に「お金」を必要として、何に「不安」を抱いているのでしょうか??

未来に対する不安

不安といっても、今現在の不安じゃなくて未来に対する不安なんだよね。

それは、未来のことは見えないから。

子どもがいる人は、皆が抱える不安と認識してよさそうです。

だから私は、お金に対する不安と戦うのを辞めました。

家計簿書きません!(家計簿って、多くの書き込みはマイナスのことだらけで埋め尽くされます。)
それって、不安を掻き立てる要因になるだけですよね!!

昭和時代の母子家庭と今は違う

制度が充実していなかった時代

3組に1組が離婚する時代になり、母子家庭率もあがりました。もう、今は珍しい家庭環境ではなくなりました。給付金の増額や、新しい制度の導入、周囲の理解が得られことも多くなった母子家庭です。

しかし、過去の母子家庭対する扱いは厳しいものだと実感します。

私の子ども時代、母は肩身も狭く生活もギリギリの中、ご飯や洋服を買ってくれていたんだと知りました。

 

・母子手当て(別名:児童扶養手当)増額

児童扶養手当のはじまりである、1960年代の母子手当ては1人目800円。

2人目に加算は400円、3人目加算は200円。

イヤ・・・ありえない・・。いくら、給料・物価が違うからといっても1人800円は無いでしょう。

現在は徐々に増額され、子どもが1人の場合 全部支給で42,330円となっています。

 

・児童手当

以前は、「こども手当て」という名称だったこともあります。

この制度は2010年を境に、金額が大幅に増額されています。

1970年の成立当初は、3人以上の児童がいる場合に、3人目以降が5歳未満の場合に1人月額3,000円を支給する制度でした。

 

いやぁ~金額少ない!!しかも、子ども3人以上が対象だなんて・・ケチくさ。

 

現在は所得制限はありますが、以下のようになっています。

※所得制限額未満の場合支給

3歳未満            月額15,000円

3歳以上小学校終了前(第1子,2子) 月額10,000円

3歳以上小学校終了前(第3子以降) 月額15,000円

中学生            月額10,000円

 

※所得制限限度額以上の支給額

月額5000円

 

母子及び父子並びに寡婦福祉法

ひとり親家庭の福祉は、1964(昭和39年)に制定され、2014(平成26年)に現在の法律名に改正された「母子及び父子並びに寡婦福祉法」を中心に展開されている。

社会保障・社会福祉(医学書院)より

この法律に基づき

  • 保育所へ優先的に入所
  • 無利子または低利子の資金の貸付
  • 公営住宅への配慮
  • 自立支援給付金の支給
  • 就労支援
  • 母子・父子の休養ホームの設置し生活支援を行う

等がある。

さらにスキルアップするのを応援

私は今現在、「高等職業訓練促進給付金」利用中。

本当に助かる。

→シングルマザーで看護学校!!助成金をもらうためにやっておくこと。

 

まとめ

過去に無かった制度が、今は充実しています。

いつまで「お金がない」という理由で夢を諦めるのか。

もう一度、「本当にお金がないから」なのか考えるきっかけにしてほしいです。

今の私たち(母子家庭)は、昔よりかなり恵まれた環境にいます。

現状を嘆くより、今の現状に感謝するのが先!