【放置期間3ヶ月】アドセンスの審査が終わらない。2017.3月合格

2017年3月15日

ホワイトデーにグーグル様からプレゼントをいただきました。

彼のいない私にとって、唯一のサプラーーーイズ!w

嬉しい嬉しい♪

目次

放置された私がグーグルから合格をもらったので記事にします。

f:id:ibelievexx:20170318081318j:plain

アドセンス知識ゼロからのスタート

ブログ立ち上げ

私の「お金がほしい」という願いを後押しするあねさんブロガーがいます。

アクセス数が・・・少ない。からの~やる気低迷を何度も経験。

「誰も見ていない!」「いいね!もされない!!!」

「読者もいない!!!!!」

との相談に

「人のためになるような記事をかけば、おのずとアクセス数は増える!」

という言葉をもらい、それを信じ、人のためになるような記事を目指して歩んできました。

2016年12月29日2回目の申請をしました。

なんで2回目かって?

ブログを立ち上げた当初に一度申請し、1週間後に不合格通知をもらっています。

このときのブログ

【記事数7】

【ほとんどが500文字以内】

【内容:ありきたりの制度の紹介とか・・・】

それは不合格ですね・・・。

 そのときのアカウントが残っていたため、2回目の申請はスムーズ

しかし、ここから悪夢の3ヶ月が始まりました。

申請から1ヶ月目はワクワク♪

毎日、毎日メールBOXのチェック!!

グーグルアドセンスの審査画面を毎日チェック!!

1回目の申請も2回目の申請もWebブラウザは「Internet Explorer

www.mamanurs.com

「画面変化なし」「今日もメール来てない。」

「もう少しだよね♪」「早くこないかなぁ~~☆」

あねさんブロガーから助言をもらいつつ

同じく放置されている人のブログを見たり

アドセンスで優雅な暮らしをしている人のブログをみて夢を膨らましたり

 何度も審査不合格をもらっていても、あきらめないブログをみて

過ごした1ヶ月。。。

疑問だらけの2ヶ月目

  • 「サイトのURL当たっていたかな?」
  • 「メールアドレスは正しかったか?」
  • 「記事に規約違反があるのだろうか・・・」
  • 「審査中という画面にどこか隠しボタンがあるんじゃないか」

確認しようにも、「審査中」の画面を頑固に変えないため

履歴すら確認できません。(泣)

何度も記事を見返して、規約違反に当たりそうな記事に変更をかけました。

3ヶ月目はやることやった!

  • ヘルプフォーラムへの質問
  • 審査状況確認フォームへ連絡

「グーグルに連絡したら合格通知が来た!」とかあったので、私も便乗。

私申請してます~~~ブログみてくださ~いをアピール!

しかし、いつまで経っても変化なし。

なんかモヤモヤ解決しないため、アカウントを削除することに。

それから、数日経って再度申請する意欲が湧いてきました。

新たにアカウントを取得し再度申請

3日目に合格きました。♪♪

詳しくはこちらへ

www.mamanurs.com

もちろんあねさんブロガーにすぐ連絡!

大喜びをして、ここからが始まりですね☆

私の気持ち

放置されるのは辛い

「合格」通知がくるのが一番の望みですが

そうでなければ「不合格」通知を下さい・・。

そう願っても、前に進めないときは

申請を一度キャンセルしても良いと思います。

放置されていても記事を更新

【放置かぁ・・私のブログなんて。

魅力もないからグーグルもみてくれない。】

と一人で勝手に落ち込んでいるとき

そうだよ!アクセス数少ないんだから今アドセンス合格しても稼げないよ」

「だから今のうちに下積みするんだよ!」

という的確な言葉をもらいました。

ごもっともでございます。

やる気継続できたのは、心にグサッとくる的確な助言のおかげ。

気持ちに少しづつ変化

憧れのアドセンスに申請するが放置され。

やっぱり私には無理かも・・というネガテイブな気持ちを持ちつつ記事更新。

慣れないブログに「お金」だけを求めていた気持ちに、少しの変化が。

それは⇒気持ちを整理するために、ブログは良かった!

私には必要な放置期間だったんですね!ステキです!

さいごに

学校で嫌なことがあっても、子育てに疲れても

記事に書くことによって心の整理ができる。

あねさんブロガー、読者の皆さん、スターをつけてくださる方々、素通りでも私のブログに飛び込んできた人たちのおかげで今私はスタート地点にいます♪

この場をかりてありがとうございます!!!!

ということで、放置されてもめげずに記事更新~~☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする