基礎看護学実習で学びたいこと【目標例あり】


基礎看護実習とは、看護の専門分野の勉強に到達していない前に行う実習のことです。

要するに、看護学生が初めて挑む実習が基礎看護実習です☆

基礎看護実習の時期は?

看護学校に入学したて、ほぼ1年生で組み込まれています。

この実習を行う目的は、これから勉強していくであろう看護専門分野の勉強、疾患の理解、患者さんの置かれている環境などを想像しやすくさせて、理解しやすくすることです♪

この実習で、入学する前の自分の看護観(看護のあり方のようなもの)が変わることが多々あり。

短い実習期間ではありますが、初めての実習は濃い実習となるでしょう☆

f:id:ibelievexx:20161031012814j:plain

基礎看護実習で学んでほしい学校の目標

超基本的なことがズラリ(*゚▽゚)/゚・:

  • 病院、病棟の構造を知る。理解する。
  • 入院患者の実際を知る。
  • 患者とコミュニケーションを図ることができる。
  • 患者を社会的・精神的・身体的側面からみることができる。
  • 自分の考えを意見すること、発言することができる。
  • 自ら学習することが出来る。
  • グループメンバーの役割を果たす。
  • チームで協力することが出来る。
  • 記録物を提出期限内に出すことが出来る。

という目標が挙げられています。

書き方のコツはこちらへ
基礎看護実習終わりました。レポートの書き方。

基礎看護実習で個人の学びたいこと

実習目標を意識して具体的に3つ挙げてみます。

《目標例》

・今回の実習で、看護師の患者さんへの関り方(どのような気遣い・配慮をしているか)をしているか学びたいです。
・入院生活に対する患者さんの気持ちを知り、コミュニケーションを通して困っていることは何か、私にどのような看護が実践できるかを学びたいです。
・私は、集中すると周りがみえなくなることがあります。自分ががどの位周りを観察・把握できているか自分を知り今後の課題を知りたいと思います。

関連記事
基礎看護ⅠとⅡの違い。
介護士と看護師を混同したら失敗!

基礎実習の最大の目標はコミュニケーション

コミュニケーションが上手く取れない場合、単位を落とされます。

そのくらい、基礎実習ではコミュニケーション力が評価されます。

上手く情報が取れなくても、上手く記録がかけなくてもいいので(1年生なのでそこは求められていません)患者さんとの関りを大切にすることを意識してください。

しかし!記録の書き方や疾患を勉強するなとは言っていません。基礎実習で自主的に学習する習慣、記録の書き方を学ぶことは、絶対次に生かされます。

でも、最大の目標は患者さんとの関りです☆

まとめ

看護学生は資格保有していないのに患者の情報が取り放題。

これは学生の特権でありますが、学ぶ立場の私たちに心優しく受け持ちをOKしてくれている患者さんがいるからです。私たちは、患者さんのおかげで学ぶことができます。

患者さんの個人情報と安全を守ることは基礎中の基礎☆

有意義な実習にするために、基本的なルールを守って学びましょう(*’ー’*)

関連記事
初めての基礎看護実習が無事終了。
看護師になって人生の不安が解消されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする