老年看護学実習で学びたいこと

老年看護学とは

老年看護学では、主に65歳以上の高齢者を対象としたヘルスプロモーション(健康増進)や介護予防のための看護、急性的ケアが必要となった高齢者への看護、慢性疾患を生涯持ち続けながら生活する高齢者の生活の質を向上するための看護、アドバンスケアプランニングと看取り、また保健医療福祉制度についてPeople-Centered Careの視点から、教育・研究、そして実践活動を行っています。

引用/聖路加国際大学

主に65歳以上の方たちの介護予防、QOLの向上を考えた看護に全身全霊を注ぐことができるようになるのが老年看護学を学ぶ目的。

施設で暮らす高齢者を生活者と捉える

病院ではなく施設なので、急性期看護が必要な方はほとんどいません。
今までは病気・治療・・といった考えで看護計画を立ててきた分、頭を切り替える必要が出てきます。
高齢者を治療している患者ではなく、生活している人という視点でみることが大切です。
点滴や治療・処置といったことは少なく、生活するために必要な看護を提供します。

そして、呼び名は患者ではなく、利用者。もちろん記録でも、「利用者」という名称を使います。

学んでほしいこと=学びたいこと

「学んでほしいこと=学びたいこと」は成り立ちます。

実習指導者が学生に学んでほしいことを“自分の学びたいこと”にしてしまえば、目標はすぐに見つかりますよ。w

今回の実習先は「老健」といわれるところ。
ここは、長期入院を目的としていないので、約3ヶ月ごとに退院できるかの会議が行われ、退所できると判断されたら即退所。しかし、現実では全然在宅に戻ることはできていないという状況。

 

実習指導者の方は、学校で学んだことを踏まえた上で、実際に施設を見て、利用者の疾患や状態、そして家族や生活背景からなぜそのような状況になっているのか、そこを学んでほしいと言っていました。

(実習指導者の「学んでほしい」と言ったところは、次の日からの目標に使えるのでメモメモ。)

 

実習指導者の学んでほしいことは、私たち学生の必須の学びにもなります。
そこで、それらを踏まえて自身の学びたいことにつなげます。 

関連記事
→老年看護学実習で、老健の役割を知る
→デイケアとデイサービスの違い

学びたい目標は決まりましたか?

利用者の生活環境、疾患、家族背景の情報を集め、どうしてここで生活せざるを得ないのか。

また、利用者自身の思いや家族の思いは、希望に添えているのか。

希望通りの生活ができていないなら、これからの社会はどうしたら良いのか考えることができたら良いと思います。

私たちには、法律を変えることや政策を立てるこ今は到底無理ですが、しかしここで学んだことは、学校を卒業し社会に出たとき生きてくると思われます。

学んだこと

施設運営費用が足りない

財政が圧迫しています。医療費、介護費、薬剤費・・・長生きは喜びでありますが、それに伴い高齢社会への突入。医療の進歩と共に、寝たきりでも長生きできる時代です。
しかし、ここばかりに目をむけるのではなく今後の改善に向けた対策が必要だということがわかりました。

直接的影響がくるのは利用者本人

施設運営費用が足りないことや、介護対策が不十分による直接影響がくるのは職員でもなく、家族でもなく、利用者本人。オムツが足りなくて気持ち悪い思いをする。
なんだか味気のない食事をする。職員が足りなくて、全然話できる人がいなくて毎日寂しい。
本当は家に帰りたいけど、そうもいかない現実に向かい合っているのはまぎれもない高齢者本人。

戦後の大変な日本を支えた人々が、現在の高齢者です。今度は私たちが支える番。QOLの向上に向けた取り組みが必要だと改めて感じました。

 

《注意》私の実習先がそうだったのではありません。高齢者虐待のニュースなどを見て、踏み込んで考えてみました。

この記事を参考に、学びをもっと深められるといいなと思います。