基礎看護学実習終わりました。私流レポートの書き方《例あり》



基礎看護学実習のレポート書き方

きっと最初の実習で分からないことだらけだったと思います。

でも、レポートを書くってことは無事にピヨピヨ実習を終えることができたってことですね。おめでとうございます☆☆

まず目標を見てみよう!

シラバスor看護学実習要項or臨時実習要項を見てね

実習が始まる前に教員から「この実習で学ぶ目標」みたいなもが書かれた冊子をもらっていると思います。

それに添って自分の考え・課題・感想をまとめていくことが今回のレポートのおおまかな宿題です!

でも!!!

言葉が難しくてわから~ん!
言っている意味もよくわかんな~~~い!

ってことが、よくあります。そうそう、言葉がちょ~難しいんですよね!

でも、大丈夫。私もその一人。とても書きにくいですね!少しヒントでもあれば~~って方にオススメする記事になります。

難しい言葉を少しづつ砕いていきましょう!

私の例を参考に、自分なりのレポート書いてみてください(((◞( ・ิ౪・ิ)◟


目標に添って実習レポートの書き方解説

コツは、その言葉一つ一つを砕いて考えてみること!

病院、病棟の構造を知る、理解する。


大丈夫!簡単簡単

病院の造りについて、何故ここにディルームがあるのか、とか。

ナースステーションは、使い勝手よさそうな感じか~とか、簡単に言うと「建設関係」のことを聞きたいのです。

書き出しはこんな感じで始めましょう☆

〇今回実習に行かせていただいた◎◎◎病院は、明るくスタッフの笑顔が印象的な場所でした。

治療はもちろん、看護の場でもある病院・病棟の構造は(ここに実際に見て、気になった構造や設備を書くきます)でした。

例えば:

《ICUの近くには手術室があり、緊急手術でもすぐに対応できるような構造でした。》とか、

《患者さん一人一人の個別性と使用目的に合わせて、個室か大部屋、ナースステーションに近い場所、トイレに近い場所という位置も考えられていました。》とか、そんな感じ。

理由まで付け足して書ければ更にgood☆

理由例:

《なぜ個人に合わせるのかを考えてみたところ、その理由として、急変時の対応が迅速にできることや、患者さん・ご家族が静かに最後を迎えることができる空間を提供することができるためだと思いました。

また、チームで患者さんを見守るために一番良い場所の配置が必要で、(どうしてか理由を考える)という理由があると思います。

いろんな条件の元、個別に対応できるように工夫されていると理解しました。》

最後に〆の言葉があれば、文章が全体的にまとまると思います!
私は、毎回理由まで書いてました。なんでかって、文字数が増えるからw

入院患者の実際を知る。

患者さんは、入院したとたんそれまでとは変わりすぎる生活を強いられることになります。今までADL自立だったが安静度を保つためにベット上排泄はあります。

本人がどうしても「嫌だ」と言っても、これが治療の一環なら従うしかないのです・・。とてもきついですね。

そういったことを看護学生のうちに学んでほしいのです。

〇病院・病室は入院患者の生活の場であることを今回に実習で学ぶことができました。

無事に退院される方、亡くなる方、入退院を繰り返す方、定期的な受診、思ってみない救急外来と一人一人の思いが様々であることも感じました。

▼▼この目標でここ一番重要

そして私は、入院生活の中で患者さんが辛く思っていることや、その想いについて考える必要があると感じました。

理由例:

《突然の入院で、動揺している患者さんには寄り添うことで不安の軽減ができ、更に治療に積極的になれること。》

《家族さんには、今後の検査の案内や入院処理の準備のことを丁寧に伝えていかなければ、今後の入院生活がスムーズにいかないことを知りました。》

そして(辛いことを知ってどのように解決できそうか)のような看護が必要だと思いました。

看護しとして勤めてからは、業務に終われ患者さんの気持ちに目を閉じることもあります。更に1年目は自分の業務にいっぱいいっぱい。

全然「やりたかった看護」ができていない状況。

しかし、こうやって「あの患者さん本当は・・・辛いだろうな」とか考えることができるのも、看護学生のときに看護観を学んできたから。

この記事もどうぞ▼

患者とコミュニケーションを図ることができる。

〇学内練習で、実習現場を想定し何度も練習したコミュニケーションの方法ですが、実際の患者さんの前になると何と声をかけたらよいのか分からなくなり、戸惑いや緊張(他に苦しかったこと、戸惑ったことも付け足す、具体的にが望ましい)を隠せませんでした。

〇臨床では、実際に疾患を抱え生活している状況です。単純に「仲良くなる」という根拠のコミュニケーションでは、相手を傷つけてしまうこと、(他に被害を考える)も想定できます。

〇仲良くなるという単純なものではなく、患者が不安を打ち明けられる人、不安を打ち明けても受け止めてくれる人、(あなたがどんな風に考えるかを書きます)がいることが大切だということが分かりました。

ここでのポイント★思いのまま素直、かつ謙虚★に書くことが大切です。

看護に間違いはありません。
あなたの思いを教員にドーンとぶつけてください。

また、自分の行うコミュニケーションによって、患者さんがどんな風になってほしいかまで書けたら上出来です★

もしも、「コミュニケーションでつまずくことが無かった」「患者さんと円満すぎるぐらい上手くいった」なら、実習指導者や看護師とのやりとりの中で、疑問に思ったことでも結構です。
または、「今までなら上手くできなかったけど、今回上手くいったこと。」を振り返り、工夫した点や・次に活かしたいことを書きましょう!!

とにかく少しでも出来なかったと思うことを搾り出して書いて欲しいと思います。

「全て上手くいった」なんて天狗になってはいけません。看護は日々振り返ることが大切です。
なぜって、看護は自己満足ではいけないからです。常に振り返ることが重要です。

※教員は「振り返る態度」や「自分勝手の解釈がないか」を評価の対象にしています。

そして、教員は教えることが仕事ですので、どうぞ色んな考えがあるということを学ぶ場にしてください。

この場を借りて、教員に相談するつもりで色んな想像を膨らませ書いていきましょう!!

患者を身体的・精神的・社会的側面からみることができる。


〇私の受け持ち患者は、身体的に(疾患、疾患に伴う痛み、苦しい気持ち)があり精神的に(悩んでいること、疾患をどう理解しているか、家族の有無、背景)と社会的に(仕事、発達段階、経済的不利の有無)という背景を持っていました。

疾患により、精神的苦痛を抱え、社会から疎外感を感じている恐れがあると感じました。この三側面は、それぞれ(なんか理由をつけて)互いに関連していることを知りました。

ポイントは、心と身体を切り離して考えないことです。

心が病むと、身体も病む。反対に、身体が病んでいたとしても、心の持ちようで人生を自分らしく過ごすことができるということです。

看護は医学ではありません。

治療には限界があります。そんな場合でも、人生を穏やかに過ごすためには看護が必要なのです。そこを押さえて、仕上げていきましょう!!!

まとめ、今後の課題

自分ではできているつもりでも、振り返ってみると(失敗談や、改善したい点を挙げる)反省点ばかりで、自分の技術の未熟さを感じました。》

《これからの学内練習では更に身を引き締めて一つ一つ丁寧に行っていこうと思いました。》

という〆でどうでしょうか?

参考になってくれたらありがたいです。

さいごに

自分なりのレポートの仕上げてくださいね。♫꒰・◡・๑꒱
最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする