出産後の出血の原因とは?

どうして分娩後も分娩台に載ってるんでしょうか。

それは、忘れているのではなく

きちんとした理由があるんです!

 

人によっては、すぐに病室に帰った人もいるかと思うと

半日以上分娩台に寝かされていた方もいるようです。

かなり個人差があるようです。

分娩直後

分娩後の安堵や、疲労、自身の出産や妊娠期間を振り返り

楽しかったことや、苦しかったこと・・・

赤ちゃんをみて実感するときであり、母子の早期接触と母乳を吸わせるなど

家族のスタート地点である大切な時期ですよね。

そんな大切な時間を手術室みたいな部屋で過ごしたくナーイ。

早く部屋に返してくれ~

とおもいませんか?!

f:id:ibelievexx:20170412221916p:plain

私は分娩後に尿意があって、でもベット上ではどうしても出せず

(なんか力が入らないとかそういう理由だったと思います)

更に、膀胱カテーテルでは満足できず「トイレで出す」と言い張り

看護師さん付き添いのもと、トイレへ行きました。

踏ん張って、どうにか踏ん張って出す尿はほんのわずか。

チョロ・・・・チョロ・・・・。

案の定、トイレの中は血まみれ(汗)

踏ん張ったおかげで、ほとんどが血液でした。

でも私的には満足wでした。

看護師さんありがとう!!

分娩直後から約2時間は安静と観察が必要

分娩直後~2時間を「分娩第4期」といいます。

なんとまだ、「分娩」という名がついた分娩期間なんですね~~~。

この時間は、できるだけ安静にし子宮の状態や身体の異常がないか観察し

「歩けるか」「歩いて病室まで帰れるか」判断する重要な時間です。

無理を言いトイレに行った私は

トイレ後はまた分娩台に登るよう指示されました。

「そのまま病室に帰ってもいいんじゃないの???」と

私は不思議でした。 

それにはこんな理由があったんです!↓

異常出血がおこりやすい

分娩直後は、大きく膨らんだ子宮を戻すために体が勢いよく変化します。

赤ちゃんのあとに胎盤が出る

胎盤はもともと子宮にくっついています。

その胎盤までもが出てくるということは、子宮から剥がれるときに出血します。

少しの出血は正常であり、仕方のないことですが

胎盤の位置や剝がれ方によっては

大量出血を引きおこします。

赤ちゃんが出てきて安心するお母さんをよそに

観察や安静が重要とされるのはこのためです。

排出されるべき物すべて子宮から出たか

胎盤・羊膜・絨毛膜・脱落膜・へその緒

が全て排出されていないと、子宮収縮が上手くいかず

赤ちゃんが出ても、子宮が膨らんだままで出血も止まりにくくなります。

そのため、出てきた物の重さ・長さ・見た目・弾力をみて

どこの欠損もなく、正常であったら

「全て正常に排出された」と判断されます。

これを怠ってしまうと、感染のリスクが高くなります。

さらに、出血が止まらないなどの異常の早期発見が遅れてしまい

大変なことになります。

子宮と産道に異常な裂傷はないか

陰部を切開、もしくは切れた

またしては見てられないほどの痔がひどい場合も出血します。

流れる血液の色や性状を把握し、どこからの出血か分析していきます。

病室へ歩いて帰れるか

出血が正常範囲、フラフラしない、痛いけど歩ける範囲、バイタルの安定、歩く意志の有無、疲労度、、、、、

「歩ける」というGOサイン

を出すまでに様々な情報をもとに判断されます。

そしてこのOKサインが出ると、やっと病室へ帰れることになります。

 

個人差があり、分娩様式や既往歴などで観察項目は変わってきます。

ともかく、歩けるという行動は大切なことで

リフレッシュや血液循環が良くなることで子宮が元に戻りやすくなり

早期回復につながります。

がしかし、判断を怠ってしまうと

大量出血

という恐ろしい事態に!!!

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする