助産師ってよく笑いよく怒り・・・と忙しい人多いですよね?!喜怒哀楽が激しい!w

ママやパパに良い情報を与えるためにと、、、、一生懸命なところ、私たち学生にとっても伝わってきます。

ところで、うちの助産師教員は「ケースカンファレンスは作戦会議なんだよ。」とよく言います。

ケースカンファレンスは「作戦会議」という考え
ケースカンファレンスの前は寝れない!緊張!となっちゃう私たち学生ですが・・・実は責められるものではないし、怒られるものでもないのが本来のあるべき姿。

「私の考えていることは、これです!」という作戦をメンバーへ披露して、今ある問題を解決し今ある良いことをもっといい方へ向かうためにする機会。これは母性実習前に助産師教員から散々言われてきました。

 

学生にとっちゃありがたいばかりの事なんですが、、、寝不足でウトウトしながら、時間に迫られながら作った自信のない看護計画を、胸を張って皆に披露する、若干度胸試しが入るケースカンファレンス・・。

今までの経験上・ウワサ上、泣かされてきた学生は少なくないのではないでしょうか・・・。

 

「作戦会議」なんて言うけど、実際どうなの?ほんとに、ほんとに怒られない?緊迫した雰囲気にならない??

と思っていました。

母性実習ケースカンファレンスを終えてみて、ほんとに「作戦会議」だったよ!

先生や担当指導者からの意見は、ためになることばかり。しかも、笑いありで楽しかった~!!!

な~んて言えるのは、私のケースじゃなかったからかな?笑

 

教員:「うんうん。」「そうなの。」

モジモジしてたら、「なんでも言って~聞くよ!(笑顔)」

相談したら、 「もっとこうしたら?」「こんな風でアプローチしてみたら?」

と優しいお言葉と  助言に頬が緩みました。
母性看護学実習・・・意外と楽しんでます♪

また近日報告します☆