【母性看護学実習】ベテラン助産師は学生に怖いけどママの味方

助産師の声かけ一つ一つに、いつでも女性の味方だと感じました!!

実習前の出来事

実習に行く前に、何度も何度も実習現場を想定しシュミレーションを行います。

学生役、看護師役に分かれて演技をします。先生のテストがはいります。緊張の中シュミレーションスタート!

病棟実習を想定して練習

設定は産後2日目のお母さん

学生:「おはようございます。」

お母さん:「おはようございます。」

学生:「昨日はよく眠れましたか?」

お母さん:「はい・・・でも、おしもの傷が痛くて夜中に何度も目が覚めます・・・。」

学生:「そうなんですね!じゃあ少し傷の確認をしてもいいですか?」

お母さん:「はい。お願いします。」

と言って、赤ちゃんが出るときに切れた傷を見ます。

f:id:ibelievexx:20170603231756p:plain

引用/会陰切開(えいんせっかい)について | 赤ちゃんの部屋

見るからに痛そうなこの傷を想像しながら出た言葉は、

学生:「・・・・。 傷は・・・良くなってま・・・すよ。」

と片言のうえ、いまいちな表現。(泣)

きっとこんな言葉じゃ・・しかも片言じゃぁ・・お母さんの心配は消えるどころか増すばかり。

その後、先生とバトンタッチ。あの強烈に痛そうな、縫合されてる痛々しい傷を見たと想定して出てきた言葉は、

先生:「お母さん、傷はキレイですよ。(笑顔)」

でした。さらっと言いました。

今なんとーーー!あの痛々しい傷がきれいだなんて?!

イヤ、縫合されてて痛そうに決まってる!ひどい人は肛門まで亀裂が入る。そう思っていた私は自分で、未熟だったと思いました。お母さんの気持ち、産後の身体について一番心配しているのはお母さんなのだ・・・。

先生にとって、産後の傷は勲章。どんなに痛々しくても、キレイに見えるんでしょうね。

そして、お母さんの女性としての気持ちを汲み取って出た言葉でしょうね。

だって、自分ではどうなってるか分からない傷。キレイと言われたら安心しますもん!先生に負けました!!!

さいごに

先生にはかないませんな。

経験は宝物です。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする