子どもの成長が遅い?!成長の差が出やすい1歳児は気長に待つ。

子どもがちゃんと成長しているか心配になることは多々あります。

成長が遅くても心配・・・

成長が早くても心配・・・

親ってどこまでも心配する生き物なんですね!!!

成長の差が一番出るのは1歳児

だから年齢ではなく月齢でみていこう

保育園のクラス分けは、4月時点の年齢で決まってきます。

だから3月生まれの子どもも、4生まれの子どもも同じ年齢のクラスに入ります。

4~5歳にもなれば、成長の差もあまり気にならないです・・・しかし、1歳児はヨチヨチ歩きの時期、歩き出す時期がかぶる盛んな時期です。

f:id:ibelievexx:20161115134305j:plain

横で走り回っている子がいるかと思えば、まだ床でゴロンゴロンおもちゃを眺めている子・・・踏まれないように防御するため見守りが必要であります。。。

環境の影響も強い

私の出会った中で、1歳半年で歩き出す子がいました。色んな環境要因もあると思いますが(良い悪いではなく)環境が子どもに及ぼす影響力は大きいです。

例えば、赤ちゃんのときに「ほとんど抱っこで過ごした」であると、毎日色んな所にほふく前進で進むこと比べると筋力の差は大きいです。必然的に筋力の発達は遅くなり、歩き出す時期も変わってきます。

結局すべてにおいて個人差がある

「歩き出すのが遅い」と心配するかもしれませんが、それは「ゆっくりと着実に筋力をあげている」だから「安定する」子とも考えることができます。これは、うわさなので真実はどうかわかりませんが「早ければ良い」ということではないのです。

ということは、全てにおいて良いか悪いかではなく個人差だと考えることが必要。

個人差ではあるが目標もある

一番の優先するべきことは子どもの個人差であるが、それでも小学校入学前・・もしくは幼稚園入園までにある程度の生活レベルに達成している必要があります。

最低限、着衣・排泄・清潔・親切心・・・

初めての集団生活を体験するのも、初めて親のいない場所で生活していくのも、、、社会という場に出るための準備期間でもある保育園。

勤める先生たちは、月齢によって個人差があるのは承知の上で、トイレトレーニングや規則正しい食生活を身に着けていきます。これも目標に向かってのこと。

あからさまに「無理だろう・・・」というの生活動作を押し付けるのは児童虐待にあたるので、しません・・。

周りと比べられてる気がする・・

先生だって人間です。上手くいかないことに、苛立ってしまうこともあります。

でも、もし他の誰かが我が子を誰かと比較していても、「この子はこの子」と思えるような知識を沢山もってください。

私の娘は、歩き出すのが早く保育園時代に成長について悩むことはありませんでした。しかし、幼稚園生になり登園するときいつも「お母さんと行く」と言い、毎朝幼稚園の玄関まで送っていました。

そのとき交通安全の旗を持つマダムに「この子をあと10年で自立させるんだよ!今一人でできないでどうするの!」なんてことを朝から言われたことがあります。

他の子達は一人で歩いてる。むしろ家から一人で来る子・兄弟で歩いている子もいるのに・・・うちの娘は・・・とブルーになった記憶があります。。。
でも、現在では元気よく歩いていっています。

あまり他の人の意見に左右されず、一番近くにいる人がこどもの事を認めていることが一番なのかもしれませんね。

ここまで出来るのが普通。という考えを止める

「普通」という考えは、その人が「18歳までに経験した知識の集合」といわれています。

だから普通なんてことは今からでも十分に変更できるということ。むしろ「普通」なんて言葉・・・子どもには必要ないですね!!

f:id:ibelievexx:20170613204316j:plain

出典:URD速報‐ニュース‐twitterまとめ

まとめ

個人差の大きい子どもだからこそ個性が輝く!

ありの~ままの~姿みせるのよ~~~♪

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする