看護学実習で保育園に行った【元保育士の私が思ったこと】

小児看護学実習で保育園実習が数日あります。

ここで、1つ。保育園に行った次の日、私筋肉痛になりました(笑)

アラサーであることを忘れ、必死になってこどもを追いかけまわしたからでしょうか???ストレス発散できてとっても楽しかったです☆

保育園実習に元保育士が行く

意味あるんだろうか?

と思ってました。すみません。保育士免許取得のために保育の専門学校で散々保育園実習、幼稚園実習してきました。なんなら卒業後は保育士として勤めていました。

そんな私がまた保育園・・・。

と思っていましたがいつでも学びはありました☆

 

学び多き保育園

保育環境の違い

昔とは(私の時代は約10年前)違って、広い保育園。園庭も遊具がそろい、子ども達は遊びたいおもちゃが沢山。とは言っても、私の保育園時代も遊具はあったんですがね。

ここまで待機児童も問題もなかったので、国の審査も厳しくなく子どもの対する保育士人数も曖昧だったと思います。

しかし、今回行った保育園は国の規定に基づいた配置であったり、定員数であったり、また人数調整されていたのですが、「待機児童解消に努めている」とのことでした。

少子高齢化社会は、保育園でも老人施設でも病院でも問題に上がってきていますね。

つながりを感じました。

つぶらな瞳

子ども達の希望に満ち溢れる瞳!大好きなんです。潤っていて黒目が輝いています。腹黒い大人の目を見たことがありますか?(笑) ぜんっぜん!違いますよ!!!!

「あんちゃん先生~~~!」「あんちゃんせんしぇーーい!」と休む暇もなく呼ばれる私はアイドルになった気分。ウホウホ

>

素直な子ども達を前に、夢って・・・希望って・・・喜びって・・・を改めて考えることの出来る空間。癒しです。

私が知らなかった観察項目

昔に勤めていた保育園でトイレトレーニングでは、パンツ脱いでトイレに座って(おしっこ・うんち)出たらラッキー♪って感じでしたが。

今回行った保育園では、トイレトレーニングでトイレに座ったとき排泄しようとしてお腹(腹筋)に力がはいっているか(力が入っていたら凹むようです)観察し、もしお腹に力が入っているようであればトイレ=排泄するという認識ができている。だからGOOD♪と評価するようです。

出ても、出なくてもいい、認識することが一番なのでそこをみていると言っていました。そうなんだ!知らなかったぁ~~~!!!

保育園にいる看護師との時間が設けられていた

保育士・幼稚園教諭免許取得が目標の場合の実習では、保育園に常勤の看護師と話す機会はありませんでした。

しかし、今回は「仕事内容」「園での役割」「服薬・誤薬」などについての講義を看護師の方にしてもらいました。今までは聞けなかったことも、発達障害のことやアレルギー対応、流行の感染症なんかについての話が聞けました。

白衣の天使?

最後に「大変だけど頑張ってね。」というお言葉をもらい、「なんて優しいんだろう」と思いました。(笑)
保育実習も長く辛いことも多かったんですけど・・・保育園実習のときにそんなことを言う保育士さんいませんでした!!!!。(苦笑)

まとめ

分かるからって、大丈夫だからって思わず、どこでも学ぶ態度でいることが大切ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする