NICU初体験。看護に必要な原則「倫理観」に戸惑った。

NICU

実習でNICU行きました。

新生児特定集中治療室(しんせいじとくていしゅうちゅうちりょうしつ)は、病院において早産児低出生体重児、または何らかの疾患のある新生児を集中的に管理・治療する集中治療室である。NICU (Neonatal Intensive Care Unit) の略語で呼ばれることが多い。日本では1970年代頃から導入が進んだ。 

引用/ウィキペディア

入口で緊張MAX

ほとんどが低出生体重時、もしくは妊娠37週未満で生まれた赤ちゃん達がいるという事前学習を行い、実習で行きました。

入口で厳重な手洗いを行い(ちなみに学校で1年生のときに手洗いの授業がありました。)入ろうとすると、聞こえてきます。

「ピッコン・ピッコン」「ピーーーピーーー」「ピ!ピ!ピ!・・・」

緊張が一気に高まりました。今までに見たことのない光景が広がっているだろう。赤ちゃん達・・・どうなっているんだろう。怖い。

見たことのない医療現場

とてもとても、小さい赤ちゃん達。体重3ケタの赤ちゃん。保育器の中にいる子もいる。点滴している。鼻からも口からもチューブが入っている。頭を手術したのだろう、ガーゼが綺麗に貼られている。気管切開して、人工呼吸器がついている子も・・。

小さい赤ちゃんのことは「コウノトリ」でみていました。新聞で読みました。授業で習ってきました。だけど、本当この目でみるのとは訳が違いました。

授業も、新聞も静止画であり、音は聞こえないし息もしていません。赤ちゃんのリアルタイムが分かるここでは、横にお母さんが座り、優しい顔で赤ちゃんを見つめている。

赤ちゃんの周りを、ドクター・ナースが囲み何か処置をしている。。鳴り止まないアラーム音。

入った瞬間に周りが止まって見える位、不思議な気持ちになりました。

実は真実を見るのが怖かった

(注意)ここから先、私の生と死に対する独断と偏見が混ざります。気を悪くすると思う方は見ないでください。

小さすぎる赤ちゃんを見て、私は何を思うのだろう。生と死の真剣な現場であるからこそ、どこまで医療で助けるのか、助けたいのか、私の思いはどうだろう。「自然の摂理」ってなんだろうって、赤ちゃんを目の前にしてそれを考える自分がいて怖かったです。

f:id:ibelievexx:20170211000726j:plain

昔、ICUで勤めていたときに思ったことです。身体いっぱに処置がされ、それでも亡くなる方。同じように処置されて、回復していく方。

どんなに頑張っても自然にはかなわない。なら最初から身体を痛めつけないほうがよかったのでは?身体に色んなチューブが入って、オムツに排泄、口から食べることもできない、動くことができない、目を開けることもできない、、、これって本当に本人が望んだことなのだろうか。そんなことばっかり考えるICU。

赤ちゃんのICUとも呼ばれる「NICU」で同じことを考えないか、自分自身の倫理が情緒不安定でたまりませんでした。

赤ちゃんを近くで見つめ、触った

担当指導者:「触ってみる?」

私:「いいんですか。」

見た目とは裏腹の柔らかい感触。温かい。呼吸が速い。

あっ泣いた!

生きる力

身体から伝わる温かさや、泣き声を聞いて思いました。生かされてるんじゃなくて、生きてるんだね。赤ちゃんって生きる力を持ってるんだ。

そういや、「コウノドリ」でも、言ってたな。

 

面会に来ているお母さん達は、コットに入った赤ちゃんをずっと見つめていました。赤ちゃんっていつまで見ても飽きないですよね。小さく生まれても、大きく生まれても同じなんですね。

素直な感想

見た目でいうと、普段見るふっくらしたプニプニの可愛い赤ちゃんではないです。

色が少し黒っぽく、今にもポキッと折れそうなほど細くて、小さいから弱そうで、顔はチューブやテープやらが貼られててよく見えない、、でも可愛い。可愛いっていうより愛らしい?

「存在が愛らしい」というの方がしっくりくる感じがします。

答えはない

私は、頑固です(笑)。だからすぐに答えはでません。色んな場合の「倫理」について考えがまとまらなくなりました!!!助けて!!

(例1)赤ちゃんが危険です。脳に思い障害が残る可能性があります。「どうしますか?」「助けてください」そして、幸い命をつなぎとめました。

脳が機能していないです。そのまま大人になりました。親は高齢になりました。残された子どもはどうするのだろう?

これは親のエゴではないのか、反対に、助けられる命を見捨てるのは道徳的に問題がある。。。

(例2)三つ子ちゃん、四つ子ちゃん、を妊娠しました。生まれそうですが、それぞれが800グラム程度です。今生まれても助かる確率は低いです。

f:id:ibelievexx:20170615223521j:plain

どうして自然に妊娠したはずの赤ちゃんが、自然に生まれるときになっても自然に発育しない環境で生まれてしまうのだろう?

今の医療だから助けられる命

NICUでは、脳に重症の障害が残り今後の生活は人工呼吸器が必須であったり、そうでなくでも在宅酸素・訪問看護・定期的な検診・フォローが必要になる子がいます

どこで、どこまで判断(緊急の場合どこまで蘇生するか)するのか、今後の学びから少しずつ自分なりの考えを持ってみたいです。

まとめ

看護学校1年生のときに、倫理の授業があって毎回悩みの種でした。倫理観って難しい。

 

人それぞれ、倫理観は違うし、間違い正しいもないけど、迷うってことは答えが欲しいってことですよね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする