低所得者ほど習慣的に喫煙している!タバコ=カッコイイ時代は終わり。

看護師国家試験を勉強していると、日頃の生活にかなり実用的だと感じます。

例えば、火傷の手当てや、緊急度の判定・・適正な救急受診ができるようになるのではないか?

だから、「一家に一人看護師!」時代になれば、医療費の削減につながるんじゃないでしょうか?笑

「所得と生活習慣・食生活」に関する調査で分かった

低所得者ほど習慣的に喫煙している人が多い!?

所得の高い世帯と、所得の低い世帯を比べた場合、習慣的に喫煙している者の割合が高いのは低所得者世帯だそうですよ!

もうタバコってかなり高いですよね。一食分のご飯代になるくらいの費用だと思います。

「お金がないのよ」と言いながら、タバコをプカプカしている人を見ると「お金あるじゃん・・・」と思う私です。

そもそも、お金がないのにタバコを買えるってことが、私には理解しがたいことです・・・。

私は喫煙している女友達に、肺がんになるまでの過程や美容に関することを、しつこく説明しています。でも、これで禁煙始めた友達はいませんね。

女性ではダイスキな彼氏に「止めろ」と言われたか、妊娠などのきっかけがないと止めれないみたいです。タバコの依存性は怖いですね!

低所得者は、健康診断の未受診の割合が高い

f:id:ibelievexx:20161102055230j:plain

これは、しっくり。お金がないと情報が少なく、無料で受けれる検診があることが分からないこともあるんですよ。

もうすでに、体調が悪くて検診に行くことができない。とか、無料の検診で精密検査に引っかかったところで、精密検査の費用がないとか・・生活保護で費用はタダだけど、肩身狭くて公の場に出れない。とか低所得者にとって住みにくい現状がそうさせてるとも感じます。

関連記事


負のスパイラル

医療費が莫大になる喫煙と、検診未受診の関係

喫煙していて、さらに検診は未受診。肺がんや慢性的な気管支疾患になって気づくパターンではないでしょうか。

早期に発見できたら、生活習慣や内服で治療できそうだけど、肺がんにでもなれば手術の費用、薬剤費、抗がん剤などの治療費。診察代、検査費、入院費、通院費、と費用は膨れ上がっていきます。そして、生活保護だと助成金があるし、高額であれば高額医療費給付金の適用・・・。

国の医療費は圧迫する一方ですね。

タバコ=カッコイイ時代

バブル期はそうだった

確かにタバコを吸っている男のその姿は、かっこよかったですよ。でもそれは、一昔前のバブル期の話。その時代、男の価値は乗っている車で判断されていた時代だったとか。

80年代の若者といえば、何はともあれクルマ。いいクルマに乗ることは、若者のみならず男の憧れであり、今では考えられないステイタス。

女性はクルマで男を判断した…(週刊SPA!) – Yahoo!ニュース

f:id:ibelievexx:20170827134110j:plain

と、同時にタバコも憧れの存在でした。

カッコイイ車+タバコ】のセットは男の憧れ。

しかし、今の時代車で男の価値は評価しないです。というか、評価しずらくなったのですね。評価基準が大幅に広がり、生きにくくなったこの社会で、どれだけ家庭・女性を守っていけるか・・・そうゆうことに、評価基準が移ってきたのではないでしょうか。

タバコも、車のように評価基準が変わってきていると思いますよ。

私はタバコ吸っている人を次の3パターンのうちどれかだと思っています。

「意志が弱い」

「依存している」

「自分に酔っている」

 

「タバコやめたいけど・・・やめれないんだよね。」

は男性として残念な発言!

よく聞く言葉ですが、これに対して「カッコイイ」なんて思う女性はまずいません。

というか、私は思いません。

「やめたいけど、(意志か弱くて)やめられないんだよね。」

「やめたいけど、(他にやることなくて暇だから)つい吸っちゃうんだよね。」

「友達が吸っていると、お酒を飲むと吸いたくなる。(俺ってカッコイイだろうって自分に酔いたくなっちゃうんだよね)」

こんな退屈な男性と、自分の時間を割いてまで会いたいと思う人いるのでしょうか?

「退屈な男性」と思われている可能性大!

所得によって歯の本数まで違う!

f:id:ibelievexx:20170611201236j:plain

はい!鏡で歯の本数を数えて見ましょう!

歯の本数が20本未満の者の割り合いが、低所得者に多いそうです。

あなたは大丈夫?

☆看護師国家試験にも出るよ☆

習慣的に喫煙している者の割合は、19,6%!!!!!!

100人いたら約19人が吸っている・・・フムフム。

性別にみると、男性を100%と考えたとき32,3%!!

女性8.5!!となっています☆

年代別でみると男女共に30~39歳が多いです。私ら年代ですね!

私らより、若い世代ではタバコが害であることに気付いています。

タバコの税金がどんどんあがり、この調子で、喫煙者が減ってくれることを期待しています。

まとめ

タバコはもうカッコイイの象徴ではなく、「貧乏」という枠の中に入ってきました。

しかも、もうタバコに依存しているなんて古いですよ。

タバコを吸うから貧乏なのか、貧乏だからタバコを吸うのかは分かりません。

しかし、タバコが体にとって有害なのは昔からかわりません。

何のステイタスにもならないタバコをやめる気になりましたか?

logcamera.com

参考/2014年(平成26年)健康増進法による国民健康・栄養調査

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする