親不孝な子なんていないんだなぁ。「骨になってもお母さんが好き」

「自分が年をとって介護が必要になったころ、子どもに助けてもらおうなんて考えるもんじゃない。

子どもからは、すでに数え切れないほど助けてもらっている。」

と聞いたことがあります。

7才の娘に、「お母さんが天国に行ってもずっと大好き」と言われました。

(イヤイヤ、まだ行きたくないよぉ。)

生きる、死ぬ、とかを考える時期なんですね。大事です!ウルル涙

f:id:ibelievexx:20170813170713j:plain

私も幼い頃は、お母さんが死んでしまうのではないかと想像し、時々泣いたりする日もありました。 情緒不安定だったのかな?笑

娘は今、きっと不安なんだろうな。

そう思った私は、「そんなこと言うな」とか「死ぬわけがない」なんて否定せず、共感してあげようと思いました。

しかし、ここから笑っちゃう話へと発展。

「お母さんが死んだらお墓の前で生活する!」

「骸骨でもいいから、会いに来て!!!」

?!?!

と言っています。

「ん~・・・でもなぁ。みんな骸骨じゃ誰がお母さんか分からない!

だから・・・そうだぁ!!名札して出てきてね!」

とのこと。

f:id:ibelievexx:20170930223908j:image

人って外見じゃないんだなぁ。

何をしてくれるから好きっていう条件なんてないんだなぁ。

骨まで愛してくれる子どもに、愛の深さを学びました。

「親不孝な子なんていない、それは子ども時代に一生分の親孝行をしているから」

今日もまた、子どもからの愛情をまっすぐに受けて

頑張ろう!と思う日でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする