看護学実習が辛い(泣)

看護実習辛いです。

患者さんとの関わりは上手くできていますが、病棟の主任が怖いのです。看護学生あるあですね。ここを乗り越え看護師になるのですね。(泣)

私「ここの空いているパソコン使ってもいいですか?」

主任「・・・・。」(主任は横を見て目をそらし、うなずくだけ。目は合いません)

私「使います、ありがとうございます!!」

(目を合わさないなんて、怒ってるんのだろうか?)

(質問が聞こえてないのだろうか?)

(あ~~分からん!)

主任「ちょっとそこどいてくれる。」(真顔)

主任「報告は?それだけ?」(真顔)

 

ちょいちょい怖い主任さんと、にこやかなスタッフーーー!

 

 

主任とは、目は合わないが見られているような、見られていないような視線を感じます・・・。笑

しかし、しっかり見られてました。

「あなた達はボーっと立ってる時間が多い」

「他にやることなかったの?」

「目標と行動が伴なってない」

「行動が遅い」

 

反省会で上記の指摘を受けました。トホホ

 

「積極性が足りない」

「自信ないオーラが出ている」

と痛いことを教員に言われ、ガラスのハートの♡私には刺激が強く

心をボッコンボッコンにやられたとこです。

私の患者さんは、援助に拒否はなく関りを持ててるのがせめてもの救い

しかし、私と同じグループ仲間は患者から拒否されるという一番辛いトリプルパンチです。

私って看護師に向いてるのかな

看護師としてやっていけるのかな

そんな悩みを持ち明日も実習行ってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする