子どもの短所って、大人になると長所になる?!我が姉妹で立証してみた。

f:id:ibelievexx:20171121225458j:plain

こんばんは!

7才の娘を育てるシングルマザーのあんこです。

最近になって、ふと思うんですね

子どもの時に苦手にしてたことや、弱点、いわゆる”短所”って呼ばれるやつは大人になると長所になるのではないか?

子どもの頃のその弱点に見えるようなことは、実はとても大切な個性。

 

この個性をまずは、自分が・・それから周りが理解し味方につけることで、誰にも真似できない「自分」を磨いてくれることに繋がります。それが、人生を豊かにしてくれるのだと思います。

「短所は長所」

誰が考えたんでしょう、こんな良い言葉

逆転の発想で考えると、子どもはみんな輝いています。

わが姉妹で検証してみたいと思います。

 

 

弱点を姉の事例で考える

私には一つ上の姉がいます。

その姉はむかしむかし・・・片づけが本当にできなくて、しかもお寝坊さんで、家に居ないか、または寝てることが多い。

そのため家事も協力的ではなく、居るか居ないかという生活ぶりでした・・・。

ピークは中学生か高校生のとき。

・玄関に靴は脱ぎ放題。(一体、何足あるんや~って位に多い)

・着た服、ファッションショーの後の洋服は裏返しのまま部屋に放置。(洗濯した洋服なのか選別不能)

・化粧道具もそこらへんに髪の毛と共に存在。(歩くとこが無い)

・極度の怖がりで「隙間が怖い」と言い、隙間を無くすためにあらゆる物を隙間に押し込む押し込む

おかげで部屋は、隙間どころか狭苦しい部屋でした。

私と共同で使っていたので、その汚い部屋は私の部屋でもあり、大迷惑を食らっていました。泣
極めつけは、その散乱した部屋で物と物との間に見える弁当箱を発見・・まさかの中身有り!

姉がいないために、いつから放置されていたのか分からない例の物体を処理したのは私。泣

そんなこんなの毎日を続けてました。

 

そんな姉に転機が訪れました

姉がある日、結婚。

妊娠、出産を経て、子沢山で大忙しの毎日。

あの頃の姉と同一人物なのか、別人が乗り移ったのか、と疑うほど現在住んでいる家はとても綺麗。

オッタマゲ~

そして、
・子どもや夫のために早起きし朝食、弁当作り

・「物は少ないほうがいい」と断捨離に励む毎日

・整理収納のノウハウを学び、アドバイザーの資格を取得

・毎日の忙しさに学生時代の「恐怖心」はゼロ

と、学生の頃とは違う生活ぶりを発揮してます。

もしかすると、学生のころの弱点を「本当は変わりたい!」と思いつつ努力し過ごした結果なのかもしれません。

学生の頃の姉は、物に囲まれ苦しそうでしたが、今は毎日が忙しく大変そうですが、楽しそうです。

姉は昔からよく寝る人でした。その分、子育ての忙しいときでも、時間が空いたときにすぐに睡眠をとることができ体力の温存ができている。そのおかげで、自身の体調管理ができ常に健康体。早朝からの弁当作りができているのかもしれません。

すぐに眠れない人だっています。自分の枕で無いと、とても静かでないと、暗くないと眠れない人もいます。

昔から、どこでも寝れる姉の得意技(笑)を活かした子育て方法だ思います。

また片付けに関しては、今までの片付け方法が嫌だからできなかった。それを、勉強することで、アイディアを付け足し自分なりの片付け方法を確立。⇒楽しい♪

になったのかもしれません。

昔から誰に言われても片付けしようとしない姉は、逆に言うと、誰に言われなくてもやりたいことをやるという、人目を気にしないタイプ。

片付けることは、別に誰かから褒められようとしているわけでもなく、自分がやりたくてやっていること。だから、継続していけるのだと思います。

子どもの時、親や兄弟の話を全く聞かなくても大丈夫。

「短所は長所」と唱えて、信じることが一番大切なのです。

 

次に病弱だった妹で検討

私には歳の離れた妹もいます。

妹は小学生・中学生と友達と活発に遊ぶこともなく、学校が休みの日はいつもお家で読書をしてました。

またかなり少食で、というかご飯を全く食べない日が続き点滴をするほど病弱な妹。

しかし、そんな妹が高校1年生のとき海外に短期留学しました。

また留学生を受け入れるホストファミリーに積極的に手を挙げ、グローバルで頼もしい妹に変身。

妹には隠された度胸があったのだと思いました。

妹は、物静かで読書好き。

読書をすることで、いろんな人の人生を感じることができます。物静かな妹は、何も言わないだけで、心では大きな世界を作っていたのかもしれません。

あまり人と接しない、遊ばない、喋らないので、小学生・中学生は友達がいるのか家族に心配された妹ですが、高校生からはその「自分」という世界を持っている性格で人を魅了したのか、現在は毎週のように友達に誘われているようで忙しそう。

私自身

そして私も小学生・中学生と学校が嫌いで、不登校でした。

「もう二度と学校へ行くもんか。」

しかしその不登校の私が、社会人で再び学校へ通うことになりました。

私は決められた学校が嫌でした。学校でしている勉強も無意味としか思えませんでした。しかし、看護師になるための学校は、生理学であったり、心理教育であったり、ときには数学で点滴の計算をしますが、どれも私にとって楽しい勉強でした。

いつも教室に“私”の席が用意されていることを、嬉しく思いました。

 

結果

このことを踏まえて、早い段階の例えば小学生の時点で弱点を嘆いたり、落ち込んだりするのはナンセンスだと思いました。
弱点は、まだ咲いてないつぼみの状態であって、その中には強みが隠されているのかも!と思います。

子育ての中に、子供のどうしても治したい!強要したい部分は出てくると思います。

しかし、「短所は長所」とおもうだけで、なぜか弱点を見ると微笑ましく思うようになりました(*^_^*)

学校ではシャイで自ら発表をあまりしない娘です。

でも「こいつ、伸びしろ大きいなぁ〜(*^_^*)」と思うことで、そのままでいい!とそう思うようになりました。

弱点は個性

弱点は最大の個性なのかもしれません☆

だれかより飛び抜けて上手な事があるのと同じように、誰かより飛び抜けて下手な部分を自分の物にすると、人生は豊かになります。

早い段階で何事にも結果を求めると、持ってる力を発揮できなくなります。

親は、子どもの花が満開になるよう信じることが大切です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする