看護師国家試験107回。本当に疲れました。受験者のみなさんお疲れ様です。

おはようございます。

107回看護師国家試験の出来栄え、みなさんどうでした?

試験監督の「開始」の合図と共に、問題を開き必修問題が見えるあの瞬間。

心臓がズキズキします。

心拍数最大。

心負荷かけまくり。

寿命が縮む・・ではなくて、心臓が肥大しちゃうわ。と思いながら望んだ試験です

 
私は午前必修で

「しっまた!わからない。」

「え~どっちだっけ。」

という、曖昧なまま午前を終了。

不安のまま午後開始。

「これ、わかんないよ。終わった・・・。」心の中でつぶやいてました。

必修44点取ることができてました!バンザイ

(不適切問題や、回答速報に間違いがありませんように。)

残りは一般状況ですが、まだ回答していません!

必修が取れたら8割合格!

とりあえずは一安心。

私が思う「必修問題」って、「運」が入るんですよ。

範囲広すぎ、たまにマイナー

過去問かと思いきや、見たことのない選択肢で戸惑う。

動揺しても、どれだけ冷静に考えることができるか。という心理作戦なのだろうか。

必修で問われているのは、「基本的なもの」と言われている。(らしいよ)

だからそこで「分からない」で諦めると、もったいないんですよね。

 

私が必修問題解いているときに「もうだめだ。」と諦めかけたときがありました。

すると、応援してくれている人たちが頭に浮かんできました。

 

「頑張ってね!!!」「応援してるよ!」「絶対大丈夫!」

この言葉って、受験生にとって聴きなれた言葉かもしれないけど、自分しか頼れない試験中に思い出すことで、とってーーーーーも心強いものでした。

この言葉が、浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・

諦めたらだめだ!もっと考えろ!

すると、突然「あっ」とひらめき

残り時間5分を切ったところで3問答えを直しました。

 

最後の5分で答えを直さなかったら、恐ろしい結果となったでしょう。

「諦めないこと」ことが大事だということに、心からうなづいた日でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする