「15時17分、パリ行き」感想&ネタバレ

「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」の巨匠クリント・イーストウッドが、2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」で現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者を主役に、事件に至るまでの彼らの半生を、プロの俳優ではなく本人たちを主演に起用して描いたドラマ。

2015年8月21日、オランダのアムステルダムからフランスのパリへ向かう高速列車タリスの中で、銃で武装したイスラム過激派の男が無差別殺傷を試みる。

しかし、その列車にたまたま乗り合わせていた米空軍兵のスペンサー・ストーンとオレゴン州兵のアレク・スカラトス、そして2人の友人である青年アンソニー・サドラーが男を取り押さえ、未曾有の惨事を防ぐことに成功する。

映画は、幼なじみで親友同士のスペンサー、アレク、アンソニーの3人が出会った少年時代や、事件に遭遇することになるヨーロッパ旅行の過程を描きながら、ごく普通の若者たちが、いかにしてテロリストに立ち向かうことができたのかを明らかにする。 

引用/15時17分、パリ行き : 作品情報 – 映画.com

見所☆

f:id:ibelievexx:20180301231906j:plain

なんといっても、見所は“実話”という部分なのではないでしょうか。

しかも、主演のスペンサー、アレク、アンソニー当事者本人が実演。

実話であることは知っていましたが、プロの俳優さんだと思っていました。

映画終了後に、実際の映像をみているときに「え?本人じゃね?!」と思ってググッてみたら、やはりそうでした。

映画見る前に知っていたら、なんか違うドキドキもあったな。

イメージと違った

映画予告を見る限り、悲惨なテロの映像ばかりが映るのかと思っていましたが、そうでもなかったという印象。

最初は子どもの頃から始まり、やんちゃの3人は、問題児と言われる感じ。とても仲がよく男の友情を感じます。

スペンサーは、子どもの頃から平和などを願うとても正義感あふれた少年。

大人になり、それぞれの道を目指して進んでいきます。友情関係は続き、3人で旅行にいくことに。

旅行では無邪気にヨーロッパ観光を満喫。キレイなお姉さんと優雅な観光シーンも。

ただただ癒される時間がありました。

運命なのか

f:id:ibelievexx:20180301232028j:plain

引用/http://getnews.jp/archives/1997904/gate

スペンサーは観光中に「運命に押されてる感じがする」と発言しています。

本当にそうです。

犯人はかなりの弾薬を持っていて、さらに列車の乗務員は、テロだと知ると操縦室で鍵を閉めたそうですよ。(映画の中には描かれてはいませんが、実際の内容です。)

この15時17分発フランス行きの急行列車に、この3人が居合わせていなかったら、乗客445名は悲惨で残虐な歴史的な事件になったでしょう。

シングルマザーに育てられた彼ら

3人とも、母はシングル。やんちゃで、校長室から何度も呼び出し。

学校の先生からは、「父が居ない」ことを言われ傷つく場面もあります。

同じシングルママとしては、胸が締め付けられる思いや、子どもの心身の成長を心配してしまう思いに共感します。

これは、バンコク共通の悩みなんですね。

それはさておき、彼らは子どもの頃から純粋に生きてきたのですね。

子どもの頃にどんなにやんちゃでも、人の心を忘れていなかった彼らだから成し遂げられたことだと思います。

テロに立ち向かった勇気ある若者に学ぶ

f:id:ibelievexx:20180301232112j:plain

引用./クリント・イーストウッド監督がタリス銃乱射事件を当事者本人出演で描く映画「15時17分、パリ行き」予告編 – GIGAZINE

拳銃を持っている犯人に立ち向かう勇気アル行動はフランスで称えられました。

映画の中では、銃撃による負傷者もいます。協力し、負傷者も助けます。

喉付近なので痛い痛しぃ。

けれど、最後まで諦めず乗客助けた彼らは正真正銘のヒーロー。

さいごに

カッコイイとこも見所。

3人ともタイプは違っていますが、カッコイイです!

私的には、優雅な観光シーンもいいですがもう少しだけ恋愛系を入れ込んでも良かったかなぁと思います!

ぜひみてください★

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする