女からみた研修医と新人男性看護師 

入職して1週間やそこらで、「飲み会」が2回開かれました。もちろん幹事は研修医。マイクを持って皆を飲み会に誘う姿は、同じ新人とは思えぬ堂々さ。。恐るべき研修医!!!

真似できるものならしてみたいけど、チキンの私には10年かかっても無理そう。

ところで、新人看護師を見渡してみて思ったんですけど、男性の新人看護師は物静かな人が多い。中には、女の子とワイワイ、男性郡(研修医を含め)ともお喋りに花を咲かしている男性看護師もいます。

どっちにも、どちらのよさがあるので私が仲良くしろ!とか静かにしろ!とは思いません。しかし、物静かな男性新人看護師を見ていると少し心配になってしまいます。

やっていけるかな?大丈夫かな?という、余計なお世話の親心でしょうね。まぁそれは置いといて。

飲み会が開催されたと言いました。

私は行ってないので、飲み会に参加した女の子たちに「飲み会どうだった?」と聞くと、「楽しかった。」OR「楽しくなかった。」の両極端な答えが返ってきました。

「楽しかった~~。ホッホォ~~」方の理由は、とにかく飲み会がすき。色んな人と仲良くなってよかった!研修医とも喋れた☆嬉しい。

とこんな感じでした。

「楽しくなかった。モウ、イカナイ」方の理由では、男性看護師にあからさまに背を向け、研修医に自己紹介する女性たち。終始、研修医に群がる女性をみてドン引きした、とのこと。研修医もまんざらではない様子で、イチャイチャし始めていたとか。

私のジャッヂは、「いいんじゃないっすか。」

みなさん、もう二十歳を超えた大人。同じ職場に勤めて、何かイザコザがあっても返ってくるのは自分の身。とっくに自分で責任を負う覚悟を決めた大人たちの、少しの隙間ということで、一旦落ち着こうと思います。

前にも記事にしましたが、研修医は天狗になる一方ですね。しかし、それなりにリーダシップを持ちつつ、イケメン(清潔感あふれてます。)、レディーファースト精神であり、女性にしてはこの上ない性格の持ち主だと思います。

こんなに研修医を上げ、新人の男性看護師を下げてしまいましたが。新人でなくなった男性看護師は、やはり一目置かれる存在。

女性社会と言われる看護師の世界には、やはり男性は必要。病棟で、同じ業務に当たりたまに男性を発揮してくれる男性看護師は、女性看護師からするとありがたいこと。

いるだけで雰囲気が良くなるのが、男性看護師の魅力でしょうね。

こんな記事もどうぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする