医療系で働きたい社会人なら看護師がいいよ!その3つの理由

社会人になって「看護師になりたい」と思われる方は多いと思うんです。私もその1人。

f:id:ibelievexx:20171028113251j:plain

私はシングルマザーでも看護師が諦めきれず、看護師になってみて「やっぱり良かった」と思っています。

今日はそこを伝えて、進学しようか「どうしようか」と悩んでいる人の背中を少しでも押すことができたらいいなと思います☆

1・新人看護師に年齢は関係ないと思いました。

看護学校に入るにしても、看護師として働くにしても、最初に不安になるのが「歳」ではないでしょうか? 男性・女性関係なく、年齢が上がると共に少なからず不安になるのが「歳」だと思います。ですよね?!

私は、27歳で予備校に通い、28歳に看護学校入学、31歳で学校を卒業しました。現在は新人看護師として入職し2週間が経ちます。

私自身31歳で入職しました。ちょっと年齢高めかな?と思いきや、20代後半~30代後半の年齢の同期が居ます。今年は研修医の中でも30代前半が一人いました。

私31歳でも、中間ぐらいということです!

(と前向きに考えています。)

31歳の新人看護師でも浮いてません。

2・看護師は同僚が多くていい。

f:id:ibelievexx:20170602233846j:plain

今回入職した新人看護師は約50人。総合病院の中では、一番看護師が多い職種だと思います。同じ職種が多いと、相談する相手が多いので居心地が良いとおもいました。

私は看護助手経験があります。その時は病院に入職したその日から、看護助手の先輩の後を追って業務開始でした。

看護助手の先輩しか頼れる人はいないですが、先輩にも仕事があります。なので丁寧に仕事を教えられたことはなく

「見て覚えろ」

「仕事は探す物!!」

と言われ、先輩の後を追って業務を覚える日常でした。見てるだけじゃ、分からないことも多くしかられることもよくありました。

まだ、中途半端にしか業務ができないのに、先輩が休みになるとそれは困ったです。どうしたらよいのか右にウロウロ。左にウロウロ。

看護助手は、新年度にまとめて採用というわけでもなく、退職者が出たら採用する。という具合に補充てきなので、部署に配属も1人づつという感じ。

師長や主任、看護師には話しにくく一人でどうしたらよいのかウロウロするばかりで、無駄な時間がすぎていきました。どうにか、やる業務が分かれば仕事をこなす、ということを繰り返していると、その内帰る時間になっても業務が終わらず残業になることもしばしば。

それでも、同じ部署に、同じ職種がいないために相談することもできず、残業になっているということもありましたが、それも部署長が知っているのか、知らないのか・・・という感じ。

看護師は忙しそうなので、話しかけることができませんでした。

それに比べ今、看護師は50人ほどの入職で、部署には少なくとも3人~配属されています。なので、新人看護師同士で話し合い、助け合うことができるんです!

何が良いのかというと、時間になったら「お疲れ様で~す」と部署配属の新人看護師と言えるので・・・とっても帰りやすい!!!

3・この歳だから仲間を作りやすい。

社会を経験してきたからか、人付き合い多少緊張もせず話すことができます。

歳が近いと仲良くなる時間もぐ~~~んと短縮され親近感も沸きます。

中には、同じように子持ちやシングルママもいます。すると、話題の共通点もあり話やすいし、助け合い精神が出てきます☆

子どもがいて良かった、と思うこともあります。

4・経験者でも給料変わらず

現在、看護師・準看護師・保健師・助産師という看護関係職種は140万人いるといわれています。とても多い職種だからこそ、お互いに気持ちを理解できることもあります。

看護師は、全国共通で業務内容がほぼ統一されており、「経験者」として扱われる一方、看護助手は、その病院によって仕事内容はだいぶ変わるものです。

言い方は悪いですが介護や看護の補助でいうと、人手不足もあり「未経験可能」であり、就職に有利になることはあっても、給料が大幅に上がることはありません。

まとめ

医療職で働くなら、国家試験を持つ看護師などの職業がオススメ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする