新人看護師の初夜勤体験。拘束時間と夜勤手当てについて思いのままにジャッジ!

看護師といえば夜勤(?!)

「夜勤明けぐったり」「夜勤手当いくら」「夜勤で儲かる」「夜勤専従」「キツイ」と夜勤にまつわるウワサは多々あります。

夜勤を初体験した私が、拘束時間に見合う夜勤手当てなのかジャッジしていきたいと思います。

私の病院は2交代制を押しています。

拘束時間について

勤務時間は16時間だが実質18時間の拘束だった

夜勤時間は、PM4時~翌日AM8時までの16時間。

ところが、4時に仕事にかかるためには、患者の現在の病態や症状などを知っておく必要があるのです~~看護師は患者様がいてこそ仕事がある、ということで患者様の情報が必須になってきます。

私のような新人は、カルテでも作業にしても無駄なことが多いのでどんどん時間は過ぎていき夜勤への引継ぎ時間がきてしまいます。

だから出勤はPM3時と言われました。でもね、私がPM3時に出勤してもその日の夜勤さんはまだいなくて、だいたい3時半ごろから来ていました。

しかし、私が知っている中でPM2時頃来ているツワモノもいました。(私はムリムリムリ!!)

夜勤をすると昼の休みが多くなる

基本は夜勤明けたその日と、次の日が休み。

初夜勤体験は、ゴールデンウィーク中にありました。子どもも祝日なので、お休み。ということで、私には有りがたい日にちだったと思います。

夜勤前の昼までは子どもと一緒にいれます。

しかし、夕方にバイバイして会えるのは次の日の朝です。

私の場合、7才の娘は夜は泣いていたそうですね。おばあちゃん・おじいちゃんにお願いしましたけど、これから先どうなることやら。

ゴールデンウィーク中だったので、夜勤明けのその日はお休み、ですが眠いので一回寝て、夕頃に映画鑑賞に行ってきました。

次の日もお休みだったので、休みを満喫。

夜勤をすると夜に2日分働くことになるので、その分日中の休みができました。

夜勤手当について

夜勤手当は長い目で見ると良いと思う

私は、夜の仕事を経験してきました。夜の仕事は不安定ですが、金額は高い方の仕事をしてきました。

高いときには夜だけで3万~5万稼ぐこともできます。

看護師の夜勤手当は約1万。(細かいことを忘れてしまったのですが、だいたいこの位)

18時間拘束され1万。

18時間に1万・・・・

1万・・・・・・

夕方から夜中の3時ごろまでにいいときは3万稼ぐ私に1万は少なすぎ??

いえいえ。そんなことはありません。

私は、良いと思います。

それは、夜の仕事は不安定だからです、一番の儲け時が限られています。

働き盛りの女性であること、かつ若いという条件が揃ったときが最高潮です。

そんな期間って一生の中で、あっても10年ぐらい。頑張って20年でしょうか。

ところが看護師は違います。経験と共に、いつまでも健康である限りは働けるでしょう。

頑張れば定年間近までいけるかもしれませんね。

だから、無駄な18時間ではないと思います。1時間でも無駄にせず学んでいければ、次に活かせるんですから。

さらに基本給あること忘れるな

さっきまで。18時間働いて1万とかいいましたが。これは夜勤手当

手当てなんです。ということは基本給にくっつく。¥

基本給が約20万として、出勤が20日。

1日だいたい1万。

ということで、夜勤の2日分(2万)に+夜勤手当の1万

ということで、「3万もらっている。」

という計算になり、私てきには高い!!と思いましたよ。

まだ給料明細もらってないんで、よくわかりませんが・・・

まとめ

夜の変な仕事じゃなく、人の助けになって、自分の学びにもなる看護師の夜勤。

18時間拘束されても「3万」と考えれば、いい給料じゃないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする