看護師記録多い!今の時代は医療もコスパ意識。事務処理多くて心折れそう。

私入職してそろそろ2ヶ月。

「看護師って・・・」とリアリティショックとかなりの矛盾を感じています。

忙しいという割には・・

パソコンに向かってる時間多い

と思ってません?

入院したときに、パタパタ走る看護師をみかけたことはありますか?

結構、髪の毛も乱れ、白衣はペンで汚れ、手にはメモ何かが書かれている・・

用があっても、声をかけにくい。

と思えば、ナースステーションでパソコンに向かってピコピコ。

ナースコールが鳴れば、動くがそれ以外はピコピコ。

これもまた、声をかけにくい雰囲気。

「忙しそうだけど、見た目は暇そう。パソコンにそんなに真剣に向かって何をしているのだろう?」と看護学生の頃の私は思っていました。

看護学生の知らない事務処理をしていた

看護学生に事務処理を教えるわけがありませんね。今まで知らなかった理由はこれでしょう。

とにかく事務処理が多い!(泣)

入院、退院、転院、転床、看護ケア、食事形態の変更、外出・外泊、持参薬の処理、看護ケアの必要度、転倒リスク判断・・・ナド

今の私に教えられているのはこのくらい。たぶん、もっとあります・・

これって看護師じゃなくてもできるのは?

看護ケアは看護師しかできないけど、事務処理は誰でもできる・・・よね。

それなのに、担当の看護師が責任持って全部やる。。

そりゃ、帰れんわ!!

現状は、よく分からん

摘便すると「コスト取って」

点滴ライン差し替えでも「コスト取って」

シーツ交換・・オムツ交換・・口腔ケア・・と看護ケアは多忙にある。

それに対し、一つ一つコストを取る!

医療の時代も、コスパ管理が大変です。

さいごに

毎日毎日、残業代なしの残業にこころ折れそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする