「看護学生のうちに学んでおくと良いこと4つ」看護師3ヶ月目からのアドバイス

総合病院の小児科病棟に勤務する看護師になって早3ヶ月。

f:id:ibelievexx:20180616214927j:plain

「一緒に卒業した仲間も今頃奮闘中かな」「私も頑張らなくちゃ。」

そう思う毎日ですが、心折れそうなときがあります。なんせ、31歳、体力の衰えを感じてます。それにインシデント数回やらかしてます。。。

看護師になってまだ3ヶ月足らずですが、ハードな毎日の中、正直「私のやりたい看護って・・?」と思うことも多々感じています。・・・

「学生の頃に学んでて良かったこと」や「学んでおけば良かった」と思うこともいくつか出てきました。

独り立ちに向けて練習

f:id:ibelievexx:20180616214950j:plain

最近からは、患者受け持ちを「1年生が主でやって、先輩は補佐」と言われていますが、全く持ってできやしません。採血、抗生剤の作り方、点滴の換え方、バイタルの順番・・・挙げたらきりがないことが多く、先輩に頼る毎日です。

独り立ちなんて、できそうにないとまで感じています。

プリセプターがいて、ペアの先輩ナースがいて、3ヶ月経っても「ナース」として自信を持った技術を患者さんに提供できない。

1年生の私が、2~3ヶ月みっちり学んでいるのに、看護師としての最低限の業務でさえあやうい。

ということは、看護実習の1~2週間で看護師と同じ動きができるはずがありません!

やっぱり、看護学生は主に「看護観」を学ぶために、実習に行っているのだと思いました!!

学生の内に学ぼう!

f:id:ibelievexx:20180616215707j:plain

1・患者さんの一日の入院生活流れ

看護師になると、一人の患者さんの情報をみっちり取ることもできません。そんな一日の生活の中、突然「検査」だったり「退院」「転院」がやってきます。それは受け持ちの看護師なら対応しないといけません。

一日の生活の中で、いつ頃「検査」が入ってくるのか、その場合ご飯はどうしているのか。どんな気持ちだろうか。

「退院」「転院」に必要な書類や説明は何なのか・・

そんなとき患者さんは何を疑問に思い、何を心配しているか・・。

勤務に就いた看護師は忙しくてそれどころでは無いです。ですが、学生は一人の患者さんの近くにいます。患者さんから心配事や疑問を聞いて、知ることができます。

看護学生は、患者さんが一日の中で何を思い。何を考えているのか知ることのできる大きなチャンスでもあるのです。

2・ある程度基本的な看護ケア

f:id:ibelievexx:20180616215809g:plain

シーツ交換、病衣交換、オムツ交換、ある程度の看護ケアはマスターしましょう!

勤務してからは忙しいので、処置以外の日常生活援助は、丁寧に教えてくれることは少ないです。

私の勤める病院の場合、シーツ交換・シャワー浴はほとんど看護助手さんが行ってくれます。しかし、看護助手さんが居ないときはナースで行います。

「やって」と頼まれたとき、「シーツ交換できません。」なんて何の言い訳にもならないで、教員がみっちり教えてくれるときに習いましょう!!

3・アセスメント能力

勤めてからは、毎日のように記録を書きます。看護学生も記録を教員に毎日提出するはずです。教員から「ここ足りない」など教えてくれた記録は、めんどくさがらずに修正をかけましょう!

聞ける教員ならば、その都度聞きましょう!

勤めてから思うのは、学生の頃はとても丁寧に教えてくれてたってことです。

4・教員の看護観を傾聴

現在、仕事に追われ、看護観どころじゃありません。

しかし、私たちは看護師。1年生の看護師でも、患者さんから見ると立派な看護師。

業務に終われ、先輩の看護をゆっくり見ている時間は無いですが、先輩は一人一人が自分なりの看護観を持って看護している(そうです。)

看護師は忙しいので、パパッと終わらしてしまいますが、教員はしっかり私たちに看護観を語ってくれます。

自分とは違う考え、想いを込めた「看護観」の話を聞くこと、振り返って考えてみること、はやっぱり学生だからできたこと。

自分の「看護観」というしっかりした物でなくても、土台・基本を作りやすいのは、教員と話すことです。どうか学生のうちに、自分のやりたい看護、目指すとこ、など「看護観」について思いをめぐらす時間をとってくださいね!

おわりに

アセスメント能力は、即効使える知識なので学生のうちに教員に質問しまくっておくといいですね!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする