時間と命をすり減らす行動・・それが怒り

最近は愚痴ばっかりで、すみません。

残業しているのに手当てがつかない!!プンプンッ

私の頑張りはどうなるんだ!

時間を返せ!

って感じで。

私が怒ったところで、結果は何も変わらない。

松下幸之助の話にこんな話があります。

引用元「怒らない技術」

ある日、松下幸之助さんが船を下りて波止場を歩いていたら、いきなり大男にぶつかられて海に落ちてしまいました。 

そのとき一緒にいた秘書が、「社長、大丈夫ですか。私が文句言ってきますよ」と言ったのですが、松下幸之助さんは一言、

「ああ、夏でよかった」

と言いました。

そして秘書に向かって、

「今から文句を言ったからといって、私が海に落ちないで済んだのか。

海に落ちないで済むのなら、いくらでも文句を言いに行く。だがそんなことはありえない。

いまさら文句を言ったところで、私が海に落ちたという事実は何も変わらないじゃないか。先を急ぐぞ」

と言って、ぬれたスーツを手で払いながら、さっさと歩きだしました。

素晴らしい考えですね!!

そして、あ~私はどんだけちっぽけな心だったんだろう!!って思いました。

 

読んだ本はこれ


怒らない技術 

 

時間と命をすり減らす行動・・それが怒り

「怒らない」て技術なんです。

よく怒っている人は、自分の感情コントロールが上手くできてないということです。

そもそも怒りっぽい人は早死にする。なんていわれてますから

気をつけたいところですね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする