看護師が看護助手を見下す?!それは良い看護師とは言えない!看護助手経験したなら活かさなくては!

最近ですが、看護助手の時の気持ちを忘れてしまい、看護助手経験を上手く活かしきれてないと感じています。

私は今年新卒の31歳の看護しあんこです。看護学校へいく前は看護助手として勤めていました。

それは、看護師になってからの強みにもなっていました・・・・ところが最近、私は業務・雰囲気に慣れてしまったのか、看護助手さんからのお願いを断ってしまうのです。

手伝ってもらえますか?にイラッと

f:id:ibelievexx:20171014221420j:plain

看護助手さん「○○○さん、部屋移動を手伝ってもらえますか?」

私「ごめんなさい、(汗)。バイタル測定まだ終わってなくて、こっちから先終わらせてもいいですか???」

看護助手さん「手が空いていたら、これから先にやってもらえますか?」」

私「・・・。(まじかぁ。、忙しいのに。)あ・・は~い。(やる気なさそうに)」

/>看護助手さんのお願いを断ってしまったことやイラッとしてしまった事に後悔してしまいます。

最近では、看護助手さんから「手伝って」と声をかけられることも減ってしまい、気持ちに余裕のない看護師になって居ると思います。

「こんな看護師はいやだなぁ。」と振り返り反省ばかりです。

しかし言い訳をさせてください!!

毎日2~3時間が当たり前の残業になってしまい、日勤で余裕が無くなりつつあります!

私は定時で帰りたい。(帰ったためしはありません)

だから必ず私でなくてもいい仕事はやりたくない!!

そんな事を思ってしまうのです・・・。慣れるっていいこともありますが、こればかりは残念な看護師認定ですね。

看護助手さんには、本当に助かっていて感謝です。

f:id:ibelievexx:20180815234748j:plain

受け持ち患者さんの検査だし、術後ベット作り、ご飯の配膳、お薬の受け取りなどの外回り。。

ゴミ回収、物品補充、オムツ交換、シャワー・・・・ほんと沢山の業務をこなしています。

看護師も看護助手の業務をすることはあります。

でも、優先的に看護助手ができない処置や看護ケアが優先されていきます。

すると、摘便や吸引、ライン確保、採血などのありふれた看護師業務が盛りだくさん。

看護師の業務のうち、結局看護助手さんができることは看護助手の業務になっていきます。

看護師とほぼパートナーのような存在であり、いなくてはいけない人たちなのですが、看護師の指示の元動くのが、看護助手みたいになりかけているんですよね。

いい看護師って?

f:id:ibelievexx:20180616214927j:plain

今、処置があるときに看護助手さんにヘルプの声をかけられると「イラッ」としてしまいます・・。

あ~~~ダメですね。

私が看護学校へ行くと決まったとき、看護助手として勤めていた頃の仲のよい看護師はとても喜んでくれました。そして、スタッフ・ドクターに「いい看護師になるね」そう言われ送りだされた初心の気持ちを思い出しました。

看護助手の気持ちを理解できるのは、看護助手として勤めてきたから。

私は、経験を上手く活かしきれていなかったことに気付きました。

このままではいかんよね!!!もう私たらっ!

www.mamanurs.com

さいごに

看護助手さんに感謝し、ステキな看護師を目標に!行って来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする