看護学校

看護学校に行きたいと悩んでいる時間はもったいないので即行動

こんにちは、29歳で看護学校へ行き無事卒業したシングルマザーです。現在は小児科看護師2年目です

看護学校にいきたいな、よし!「看護学校へ行くぞ!」というあと一歩が踏み出せず、悩んでいるあなたへ。

 

看護学校へ行くための一歩

顔の見える勉強

看護学校へ行く!と思っても、お金を払えば入学できるというわけではありません。

シンママナース
シンママナース
 まずは「受験」です。そのためには、仕事を辞める、もしくは短時間勤務へ変更し予備校へ行くことです。 

 

私はフルタイムで仕事をしながら通信で勉強、推薦試験・一般試験を受験しましたが、2年連続不合格でした。2年間も不合格をもらうと、もはや入学できるのか不安しかでてきません。ほとんどの看護学校は3年間です。私が不合格をもらった期間2年にあと1年足せば看護学校を卒業して看護師になれていた・・・。

ゆるく勉強している時間は無駄です、歳もとります。

 

予備校に行くと、周りの看護学校へ行きたい人の熱意を感じられます。席次も出るので、自分の今のレベルがわかります。
そして、朝早くから予備校に来て、夜まで勉強する人を見てると「私はまだまだだな、頑張ろう」と思います。周りの受験生を見てモチベーションを継続できます。

 

予備校は、通信制で勉強するとのわけが違います。一人で部屋にこもって勉強していると、他の受験生の勉強に対する熱意は伝わりません。

通信の先生に「今のままでは不合格レベル」と言われたとしても、「頑張ってるのに」と思いながら、集中力がきれたらスマホを触ってみたり、音楽を聞いたり、部屋の掃除なんか始めたりするのです。

ましてや、通信の先生が「レベルが低い、もっともっと頑張れ!」と言うことはありません。そんなことを言うと、悪い口コミが多くなります。顔が見えない、直接会って勉強を教えることができないので、仕方がないこと。

シンママナース
シンママナース
通信制勉強では「今のままでは不合格」と言うのが、やっと

 

通信と違い、予備校は顔が見える、若干強制の宿題もあり、家でも短時間で集中できます。顔の見える勉強は大切です。

席次順に席の場所が変わります、成績低い順に前になったり、成績の良い1~2位の人は、名前を呼ばれたりします。モチベーションを保つために時に競争心をくすぐることは大切です。

生徒と先生がいつも顔を合わすわけであり、つらい・苦しいときには良き相談相手にもなってくれます。

予備校の先生を今でも時々思い出し感謝することもあるのです。

 

予備校代は一括支払いに限る

とは言っても、通信を選ぶ理由は安いからですよね。予備校はお金が高いのは知ってます!だから一括で支払いして、この1年にかけるのです。

私の通った予備校は1ヶ月の月謝5.5万。

2月から始まり、1月末か2月の後期試験が終わる頃までの約12ヶ月。年間で60.5万のところ一括支払いで50万でした。前もって予備校のホームページを見て50万だと知っていたので、見学するその日は50万をもって見学に行きました。その日に事務へ行き全額支払います。

 

こんないいお金の使い道はありません!後戻りはできません。そして約10万の節約になります。3日目ぐらいに、「あ~あ、行きたくないな」と思うと思います。でもお金も全額払っちゃったわけだし、行くしかないのです。人間は損したくない生き物ですから、行きます。

もうこれで、やるかorやらないか迷う必要はありません。

迷ってる時間が無駄です。お金は稼げば戻ってきますが、時間は絶対戻りません。

シンママナース
シンママナース
明日から、ここへ来て「やるだけ」です。

 

自己投資で上手く生きる

予備校は自己投資です。おかげで、今まで全然分からなかった英語も少しは分かるようになりました。

そして、勉強の楽しさも社会人になってから感じました。読書も好きですし、自己投資にお金はケチらないことが大切だと感じてます。自己投資のおかげで、新たないろんなことが分かるようになりました。

予備校支払いで一旦全財産が無くなりました。今看護師になったので予備校へ行く前の貯金を今の貯金を比べても歴然の差。こちら→1年間で80万貯金

予備校にお金を使わず、貯金してたらどうなってたか?

今もしかすると、同じ位かそれより多い貯金ができていたかもしれません。しかし、10年20年で考えると、逆転していくのは分かります。

予備校時代はまだ20代だったので、水商売してその日しのぎの生活してました。だたこれは若いからできたこと、水商売は20~40代まで。50でやるなら、ママになることです。それができないのならば、若いうちに生きていけるスキルを身につけるように自己投資が必要なのです。

シンママナース
シンママナース
20代の貯金は無意味

 

少ない貯金を年々増じわりじわり増やしてくのか。

一旦は空になった貯金だけど、数年後から一気に収入・貯金額を増やすかのかは、若いときの自己投資にかかっています。

まとめ

予備校へいくメリットは

  1. 自分の今のレベルが分かる
  2. モチベーションが保てる
  3. 時間の無駄使いにならない

私が予備校へ通い始めたときの成績記事にしてます。こちら→予備校時代の偏差値後公開

予備校は良いよ~といいましたが、勉強する分には良いです。現実的にはライバルが大多数。こちら→看護学校受験を考えている社会人へ

オススメ記事:成功のカギはやり抜く力