看護学校

看護学校は単位を1つでも落とすと留年ですか?「そうです」

卒業までの厳しい道のり

看護学校といえば「実習」が思い浮かびますね。だが、普段の学校生活でも意外と厳しい生活です。それは単位は1つ残らず取得、もちろん実習も含めて。それをクリアできなければ、留年です

看護師になるには、まず看護学校へ行き単位を取得し卒業、国家試験を受けて看護師免許を取得です。その道のりを少し遠周りさせてしまう留年!!はできるだけ避けたいですね。

今回は留年しちゃう原因について記事にしてますので、これから看護学校へ通う方、そして今看護学生必見です!

1つ残らず単位を取らなければいけない

普通大学のように「落としてもいい単位」はありません。一つも落とさず単位を取得することが厚生労働省からの命令?です。

看護学生1年生は基礎をしっかり身につけるために座学が多い、その分取得する単位も多くなります。1年生の内に、しっかり勉強する生活にシフトチェンジ!する必要があります。

そして、2年3年と上に上がっていくと、座学が減り実習が増えてきます。しかしながら、実習中にも授業・試験があります。(私の学校ではありました。)

実習しながらの試験はきついです。実習も単位がかかってますからね。

1年生も、高学年でも単位取得のために鬼のように勉強!です。ここで真面目すぎると、時間足りなくなっちゃうので・・・

私
学生中は特に試験内容を丸暗記でOK!とにかく合格し単位が取れればいい!

1つでも単位を落とすと留年確定

1つ単位を落とすと、もはや学校に行く意味がありません。

というのは、看護学は徐々に段階を追ってレベルが上がるようになっているので、まず基礎看護という一番最初の単位を取らないと、成人看護や老年看護などの次レベルの授業さえも受ける資格がないのです。

基礎の単位を取得できなかたったら留年する確立は大ですが、基礎の勉強ですのでそこまで難易度は高くないと思います。先生の話を聞いて、提出期限を守ればよほどのことがない限り大丈夫!

基礎看護以外の単位であれば、たまに学校へ行って授業を受けてその単位だけ取得する。という方法もあります。

 

勉強以外で単位を落とすこともある

看護学校は人のプライベートな部分までの情報を集めます。だからこそ、個人情報をすごく大切にしています。

もしも、コンビニやマックなどの公共の場で、個人情報が書かれた資料を紛失したら・・
SNSなどのネットで、個人が特定できる情報を拡散したら・・・・

まずは校長先生からの呼び出し、教員からのお叱りを受けますね。ここで、もしその行為が故意であり、謝罪もない、まずいことだという認識もないと判断されれば留年や退学にもなり得ます。

これは、気をつければいいことなで、個人情報は慎重に取り扱い気をつけましょう!

 

次に、遅刻!!授業・実習に遅刻、課題の提出期限を遅れた。私の学校では、授業や実習に遅刻を3回したら1回の欠席になる。という決まりがあり、遅刻は許されることではありませんでした。遅刻が積み重なり、欠席扱いが多くなったとします。欠席が多いと試験は受けられません。試験が受けれないということは、単位の取得ができませんよ。遅刻を甘く見ていると、試験を受けれないことにも成りかねますので、要注意。

また提出期限も遅れたら、もはや受け取ってくれない、もしくは反省文を書くなど課題が増えます。だから、遅れず提出しましょう!

 

その他トラブルとして、教員・患者とのコミュニケーションがあります。やっぱり先生も人ですので、間違いを認めないような学生は、人として厳しくされます。クラスの中で、ほかの学生との間をかき乱すような行為も、目をつけられます。

 

というのは、卒業したら看護師になります。少しの量で人の死を呼ぶ薬も扱うので、要注意人物が卒業して看護師になると困ります。その看護師が逮捕された場合、看護学校も公表されるので、看護学校も信頼できる看護師を育てることが重要なのです。

 

単位を落とすと財布も痛い

単位を落とすと、再試験があるかと思います。なんと、再試験にお金がかかります。

世の中金ですね。

私の学校では1回の再試験に2,000円かかりました。他の学校は3,000円~10,000円のところもあります。1万円とかちょっと詐欺ですね。しかも学生から「高い」なんて反発しようもんなら留年になるんでしょうね。悪質だ。

 

しかもそれが「再実習」となると、試験のように紙1枚ではおわりません。再実習についていく教員も必要、時間も労力も必要です。なので、再実習の場合は、数十万円かかります。

私
それを知った皆さんは、落とさなければいいのです!がんばりましょう!

 

落としたら拾えばいい

落としてしまったら、再試験、再実習もしくは、反省文でも書いて拾いましょう。

再試験・再実習にお金がかかることも説明しました、しかし、留年するともっとお金がかかります。

1年留年してもすぐに授業を受けれてスムーズに次の年にいけたらいいのですが、そうでない場合があります。半年間とか学校に行っても前に進めない授業が受けれないムダな期間があるとします。しかし、休学していても学校に在学しているので「維持費、設備費」とかを支払わなくては行けないのです。看護学校というのは、お金がかかりますなぁとつくづく思います。

 

留年確定前にできること

当たり前ですが、先生の話は聞きましょう

提出期限に厳しいので、厳守しましょう

再試験・再実習はありがたく受けましょう

さいごに

1つでも単位を落とすと「留年」になってしまう。

それでも、私にしてはメリットでした。というのは、短時間仕事をしながら学校へ通ってました。落としてもいい授業、絶対落としてはいけない授業が混ざっていたら、管理?するのが大変。

私は「休みたい」癖が強いので、休み癖がついたかもしれません(笑)

 

しかも、「1つ残らず単位取得する」という意味では、時間を有効活用できてます。私の学校の場合、3年間のなかで単位を一つ残らず取得でした。

3年間で全ての単位を取得するのと、4年間で落としていい単位がいくつかあるのとでは、絶対前者でしょう!

学校なんて早く卒業したいですから、1つでも単位を落とすといけない!っていうのは、時間を有効に活用するのでとっても良いと思います。

ぎっしり、みっちり、与えられた時間の中で看護学校がんばりましょう!