受験

社会人が忘れがちな志願書の基礎的知識、看護学校受験対策

志願書なんて・・・いつぶりかな。まず書いたことあったっけ・・・?w

という感じだったんですが、大丈夫!と思い込み書いた志願書はミスだらけ。

 

しかも、提出後に気付くという最悪な私。(コピー取ってたのでそれで気づきました)

 

言い訳させてもらいますと、大人になると聞くのが恥ずかしくなるんですよね~汗

でも聞いてくださいね!

やらないで(聞かないで)後悔するより、やって(恥ずかしいけど聞いて)後悔したほうが断然良いに決まってる~!

 

志願書は時間も気力も使うので、書き終わることろは結構バテバテです。

ミスのないよう、書き終わって青ざめないよう基礎の基礎は知っていて欲しいです☆ということで、今日は志願書を書く上で知っておいてほしい基礎です

黒インクOR青インク

黒または青でOK!とは言っても、青インクで書いている人をみたことがありません。

よって黒インクが無難。

意外と市販の志願書の書き方の説明は、他人事だな~って思います。一般教養がなさすぎなのか、市販の志願書の説明では上手く書けなかったと思います。「本当に青で大丈夫?」と思いませんか。

 

私はもちろん黒で書きました ̄O ̄)ノ

 

証明写真はスーツ

沖縄風に言うと「なんくるないさ~(大丈夫という意味)」で紺色のTシャツにジャケットを羽織り撮りました。

あとでスーツと聞いて青ざめました・・・。でも合格しました☆

でもね、合格発表までの時間がとっても不安でした。洋服なんかで合否はほとんど決まらないとは思いますが、でも不合格だったときに「Tシャツが悪かったのかな?」なんてモヤモヤを残さないためにも、スーツでの写真撮影をオススメします。

 

大きいアクセサリーは取ってください。

女性で長い髪の方は結んでスッキリさせてください。

自分が病気の場合を想像して、病院で看護されたい人を演じるんです。ガッツだぜ! ヽ(~-~(・_・ )ゝ古い?

証明写真の裏にフルネームで名前を書く

落ちたとき分かるようにね。

証明写真って取れやすいんです。事務をしていた私は、履歴書を見る機会多かったのです、半分取れかかっている写真とかよくありました。

 

写真が落ちたときに、評価が上がるなんてサイコーじゃないです・・。ウンウン

訂正箇所は修正液禁止

やりました!修正液使いました!泣きました!

一度の失敗したことは次に活かすことで、報われます。

とにかく、何があったも修正液は禁止です。なぜかというと、改ざんと判断されるからです、あとは、社会人としての基礎らしいです、なので一般教養が低いと判断されます

私使いましたけどね。

 

じゃあどうすればいいかというと、二重線+印鑑押します。

 

そして訂正箇所は多くても3つまで!

注意散漫、不注意が多い、と思われます。

看護は一歩間違えれば命に関る大事件に発展しますので、看護学校の先生は細かい!集中力色んなところに関連させていきますので、何回間違えて、くじけそうになっても訂正箇所が多い場合は、時間をかけて書き直しましょう。

 

学歴は中学卒業から書く

学校名は略せず、正式名称で書いてください*゚▽゚)/゚・:*

 

職歴が多いときはどうする

職歴欄に入らないぐらい職歴があるときは、どうしたらいいんだろう。

 

転職歴が多い方は、入らないこと多いです。はい!私です。

そんな場合は、直近からさかのぼって書いてください。

 

空欄にはしない

空欄にするのはもったいない。

特技・趣味・好きな学科・・・書くこと無くても、書いてください。

絶対埋めます。空欄は必要ありません。

あなたの分身

人の面接は15分ですが、志願書は合格判定基準として、その後もじっくり見られます。

分身だと思って心を込めて書いてください(*゚.゚(゚.゚*)ピトッ♪