看護実習お役立ち

看護学校で絶対通る道 『臨床実習』 <なんでキツイの?偏>

実習といえば『眠い』が定番。

ほんとのところどうなの?

f:id:ibelievexx:20161030090337j:plain

なんといっても朝が早い。

前回実習の病院集合は朝7時15分。

7時45分には、朝の部署ミーティングに参加するためこの時間になります。

場所によっては、朝5時OO分に出発ってこともあり得る。

今回、私たちは6時40分に病院に向かって出発します。

周りに聞くと、やっぱり5時半出発もいました。

実習施設は、駐車場も限られているので相乗りです。

6時30分には同乗者を迎えに行きました。才ノヽ∋―_φ(゚▽゚*)♪

前回の実習はこちら

ibelievexx.hatenablog.com

朝が苦手な人は正直キツイ

熟睡感が得られにくい

遅刻はグループ責任。

朝お迎え担当者も、迎えられる者もどちらもヒヤヒヤしてます。

夜中から朝方にかけて、何度も時計をチェックしてしまう・・。!(ↂↄ̫ↂ)

熟睡感が得られない

体力もそうだが精神的にきつい

グループは仲良し同士でもなければ、話したことない人だっている。

  • どんな人なのか?
  • 冗談は通じるのか?
  • 几帳面か?
  • 大雑把なことはどこまで許される?

手探り状態の人間関係から始まる。

慣れるまで、けっこうしんどい。

でもね、実習は普段学校の日とは違うので、早くに仲間意識が出ます(-^0^)人(^0^-)イェ~イ☆

もう、実習が終わる頃には仲良しヽ(´∀`)となっています。

行動一つ一つが評価の対象!

実習はもちろん評価されます。

いつも見られているプレッシャー・・・

行動一つ一つが評価の対象、だから身動きのしずらい時間が実習です。

しかし、行動しなければなんの看護も提供できません。

ということで、教員のプレッシャーと戦いながらの実習をします。

まとめ

実習には「辛さ」がつきもの。

しかし、よく考えてみると学生である私より辛いのは患者さんでしょう。

  • 病気である
  • がんの告知をされた
  • 余命が短い
  • 眠たいのに学生に質問攻めにされる
  • 面会者がいなくて寂しい

自分の辛いことばかりを考えるのではなく

今後出会う患者さんの生活を考えた、安心できる看護を提供できるよう

前を向いて進んでいきたいです。♫꒰・◡・๑꒱