学費

看護専門学校にかかる学費、その他の費用の総額を公開

私は3年過程の看護専門学校に通っています。先日、3年生の後期支払いがありました。

支払い期日は9月末。

そう!最後の学費支払いを終えました(嬉し~)

これでサヨナラ!学校!まだ早い。w

 

この記事は看護学校3年間でおいくら万円かかったのか、その総額について説明したものです☆

お急ぎの場合は、目次から「3・学費総額」へどうぞ。

3年間の学費

入学金と毎年の授業料

私の学校のん場合、入学金は「30万」でした。他学校だと25万~35万ってとこもありました。

そして授業料は「年間70万」

この70万は、学校に在学している間は何が何でも必ず支払わなくてはならない学費です。

これを元に、3年間で必ず必要になるお金は以下の通り

  • 1年次:100万円(授業料70万+入学金30万)
  • 2年次:70万円(授業料70万)
  • 3年次:70万円(授業料70万)

総額240万円

です!と終わりたいところですが、実際はそれだけで済まず。

実習着、教科書代など別途で購入しないといけない物があります。

学生はお金がないってゆうのに、お金がかかるのが現実です。

以下は別途にお金が必要

看護衣等の購入

  • 看護衣の上下1枚ずつ、5,000円×2枚=10,000円
  • 式典用のスカート、5,000円×1枚=10,000円
  • ユニホーム上下1枚ずつ、3,000円×2枚=8,000円
  • ナースシューズ、5,000円

総額28,000円

最低ラインの枚数で買ってもこの値段でした

学校によっては式典用の看護衣、戴帽式で使うナースキャップなど必要になってきます。私の学校では、式典用はスカートのみの購入でしたので、このような金額になりました。

 

教科書

  • 1年、120,000円
  • 2年、40,000円
  • 3年、20,000円

総額180,000円

高いうえに重い本ばっかり。

金額見てわかると思いますが、ほとんど1年生のときに大量に教科書を購入したため、2年次、3年次の費用は下がっていきました。

 

聴診器・血圧計

聴診器はピンきり価格なので3,000~10,000円です。

中間の6,000円で見積もってみます。

聴診器は購入が必須ですが、血圧計は任意です。

なので私は買ってません!し、それで困ったこともありません!

血圧計は5,000円くらいです。

6,000円+5,000円=11,000円

毎年恒例の出費

毎年、後援会費?という訳のわからん出費がありました。

支払いを拒否すれば、事務室から呼び出しw

1万円大きいですが、払ってました。

 

あとは、保険料とワクチン接種料。

保険は、学内の備品を壊しちゃったときにでも使えるし、また実習中に患者さんに何らかの被害を与えてしまったときに使えるようです。

何もないのが一番ですが、万が一のために学生は全員加入していました。そして、これに加入していなければ実習にもいけないとの説明がありました。学生が実習に行かないで卒業なんてできませんので・・・要するに、強制加入ということですねw

あとは毎年のようにインフルエンザの予防接種。またB型肝炎やその他の抗体がない人は抗体がつくまで何回も接種させられます。。

 

  • 後援会費(毎年10,000円)
  • 学生保険料(毎年5,000円)
  • ワクチン接種(毎年5,000円)

総額60,000円

 

別途料金の合計

1年生 合計179,000円

看護衣、ユニホーム、ナースシューズ、教科書、聴診器、血圧器、後援会費、学生保険料、ワクチン接種

 

2年生 合計60,000円

教科書、後援会費、学生保険料、ワクチン接種

 

3年生 合計40,000円

教科書、後援会費、学生保険料、ワクチン接種

学生
学生
 在学中に、「太った」「痩せた」ことで「看護衣が着れない・・・。」となると追加で購入することにもなってしまうので体調管理はもちろん、体型もしっかりと管理する必要があります。

学費の総額

入学金と3年間の授業料:240万

別途料金:27万9,000円

総額240万27万9,000円