受験

看護学校を受験する社会人の現実。予備校は偏差値勝負で居心地悪すぎ。

看護受験生は辛い
昔から看護師になるのことが夢だったんだ

と言う30代の同級生の友人がいます。今は3人の子育て中。

子育てしていると、どうしても自分にお金も時間もかけてられない。しかし・・・

人生このままで良いのか?

と悶々と考えている日々が続いているらしく、時々電話が来て相談に乗っています。

相談内容は以下の感じ。

  • 看護学校の受験対策はどうしたの?
  • 看護学校の年齢層はどお?30代でも大丈夫?
  • お金のやりくり方法
  • 実習はきつい?

質問にはできるだけ細かく説明しているつもりです。もちろん、私が入学して卒業したぐらいなので彼女なら絶対できる!という後押しをしたいのですが・・

「私にはできる気がしない。」と電話終わりには最終的に自信なさげな感じ

シンママナース
シンママナース
看護学校を卒業した今だから分かりました

予備校の居心地悪すぎだった。看護学校入学前が、精神的に1番辛かったなと思います。

 

この記事はこんな方に見てほしい

  • 予備校の人間関係が面倒
  • 志望校から不合格をもらい落ち込んでいる
  • 予備校通っているけど、私だけ辛いのかな?と思っている人

 

受験生の辛いこと

努力は報われるとは限らない

私は、2年かかって29歳で看護学校に入学しました。

 

浪人1年目の私は、勉強なんて無理無理!!絶対できない!!だから推薦で入学だ~!

社会人推薦あるんだし、それにしよう♪と社会人枠を甘くみていました。しかも、その頃は看護助手として勤めていたので「皆より有利♪」と面接練習も、小論文のことも「国語なら日本人だし大丈夫!」と変な自信と怠け癖で、入学試験準備は後回し。

結局、受験した2校に全敗。

 

「これはまずい!」と思い、悩んだあげく看護助手を辞めて、さらに社会人推薦を諦め、一般試験で受験するために予備校に通いました。約10年ぶりの机に座って座額での勉強は、授業の流れについていけず毎回の模試結果は超悲惨。

席次で1位2位の人が喜んでいる横で青ざめる私の席次は後ろから数番目。勉強しても、しても上がらない点数が不安をより一層駆り立てる。

シンママナース
シンママナース
看護学校に入学できるという保障は無い。努力は報われるとは限らない・・・それって結構辛いよね

 

周りはライバルだらけ

テスト結果が出ると、とりあえず仲の良い友達同士で「頑張ろう」なんて励まし合ってはいたが・・・

 

私は気付いてましたよ。点数上位の人向かって「すご~い^^」と言っている顔がひきつっていることを。

点数、席次が出るときにはほぼ全員がピリピリし始めます。

看護学校の合格人数が決められているなかで、やっぱり自分が合格したい!

 

予備校の先生は、「成績が良かったら全員合格もありえるんだだから!皆でがんばろう!」と言い切って仲良くさせようとしてましたけど・・。

他の予備校・予備校に通わない独学の人も合わせると、受験生は多いです。(皆で合格って無理じゃね?)と口に出しては言いませんでしたが、常に思っていたので私は先生には共感できませんでした。

 

だから、成績が発表されると、成績上位の人もたまったもんじゃありませんよ。「すごい」といわれても顔引きつってますから嬉しくないし。w

席次ばかり気にする人、不安事ばかり言う人、泣く人・・・・その雰囲気の悪さは予備校ならでは。

 

隠れて陰口を叩く人、受験が近づくにつれ泣く人もいます。精神的に不安定になる浪人生活。

受験“仲間”というのは上辺だけ。

現実は、受験“ライバル”です。

居心地悪すぎ。w

 

幸いにも!?点数の悪い私に「席次どうだった?」と聞く人もいなかったので、陰口を叩かれることもなく平穏でした。陰口や泣かれたりする人と話すと面倒なので、ほぼ独学のように一人で過ごしていたことが多かったです。

予備校の担任の先生には「仲良くしなさい」というお説教をくらいました、知らんふりしてすごしました。

 

今から受験を考えている方で、周りの人間関係が面倒だという方は家庭教師の方があっているかもしれません。

 

不合格通知が自信を無くす

  • また不合格かもしれない、
  • 今ここで諦めるか、続けるか
  • あと何年頑張れるか、諦め時はいつだろうか
  • 看護師に向いてないかもしれない

「不合格」は冗談抜きでトラウマもの!

看護学校不合格という通知なのですが、看護師になれるか。という不安まで一緒についてきちゃいます。

 

  • 私を不合格にするなんて、後悔しちゃうわよ!
  • 学校は不合格だけど、看護師になりたい気持ちは合格よ!
  • 私が頑張る理由は、看護師になるためであって学校に合格するためではない!

不安は捨てて、強い気持ちをもちましょう!

 

看護学校から不合格をもらい自信無くしたくなる気持ちはわかります。けれど、学校に入学が夢ではないはず。

学校卒業すること夢見て、前を向いて歩いてほしいと思います。学校はあくまで、看護師になるためのバックグラウンド。

看護学校に不合格になっても「看護師」になることを諦めないでほしいと思います。

私たちの夢は、もっと前にあるのだ~~!!

さいごに

受験は「合格」か「不合格」かという、2つしかない答に左右されるため、頑張っても頑張っても報われない気がしたりします。ところが、そうやって合格してきた人が世の中には何百万人といるのが事実。

狭き門ではありません!「やる気」と「努力」で受験生活を乗り切ってほしいと思います。

あとは自分を信じるのみ。絶対大丈夫!!